ニュース

ワークショップ「金沢シャッターガール」が開催

講師はハービー・山口氏と小林幹幸氏。「東京シャッターガール」原作者も参加

 東京シャッターガール製作委員会は、ワークショップイベント「金沢シャッターガールワークショップ」を開催する。後援は金沢市。

 映画「東京シャッターガール」にちなんで開催するワークショップ。写真家のハービー・山口氏と小林幹幸氏、原作者の桐木憲一氏とともに金沢の街を歩き、撮影会を行なう趣旨。当日は街撮りのほか、モデルのポートレート撮影も予定している。

 イベントは撮影会を行なうワークショップ(10月26日、11月24日)と講評会(12月21日)に分かれており、ワークショップの参加者は12月の講評会に無料で参加できる。ワークショップの参加費は1万2,000円。各回とも定員になり次第参加を締め切る。

 10月26日(日)のワークショップは、小林幹幸氏と桐木憲一氏が担当。時間は12時〜17時。

 11月24日(祝・月)のワークショップは、ハービー山口氏と桐木憲一氏が担当。時間は12時〜17時。

 講評会は12月21日(日)。ハービー山口氏、小林幹幸氏、桐木憲一氏が出席する。時間は12時〜16時。

 申し込みは金沢シャッターガールのサイトを参照。

(関根慎一)