ニュース

CP+2015、2015年2月12日に開幕

出展社の受け付けも開始

 一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は6月20日、カメラと写真のイベント「CP+2015」の開催概要を発表した。

 開催日時は以下の通り。

  • 2月12日木曜日:12時〜18時 (10時〜12時はプレミアタイム)
  • 2月13日金曜日:10時〜18時
  • 2月14日土曜日:10時〜18時
  • 2月15日日曜日:10時〜17時

 開催場所は例年と同じパシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター) 。入場料は税込1,500円。Webでの事前登録で入場料は無料となる。また、小学生以下、障害者手帳持参者は無料。プレミアタイムはプレス関係者、特別招待者、プレミア来場者のみ入場できる。

 CP+は、カメラおよび写真のイベント。CIPAが主催し、一般社団法人日本写真映像用品工業会が協賛する。CP+2015のテーマは、「FOCUS! フレームの向こうにある感動」に決定した。

 主な出展分野は、カメラ、レンズ、フォトアクセサリー、プリンター、画像処理ソフト、携帯機器、ディスプレイ、プロジェクター、フォトフィニッシング、フォトブック、プリントペーパー、スタジオ用品・機材など。

 また、6月20日から出展社の申し込みを開始した。申し込み締め切りは9月30日。10月22日の出展者説明会と小間割抽選会を経て、12月2日に記者発表会を開催する。

(本誌:武石修)