ニュース

オリンパス、M.ZUIKO PROシリーズ「7-14mm F2.8」と「300mm F4」を開発発表

 オリンパスは2月12日、マイクロフォーサーズレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO」を開発中だと発表した。デザインモックアップを2月13日から開催されるCP+2014に参考出品する。

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO

 いずれも発売済みの12-40mm F2.8に続く「M.ZUIKO PRO」シリーズのレンズ。価格は未定。発売は2015年以降。ともに防塵防滴性能を備える。

 M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROは、同シリーズ初の広角ズームレンズで、35mm判換算14-28mm相当をカバーする。周辺まで均一でシャープな描写力を備えるという。

 M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PROは、同シリーズ初の単焦点レンズ。35mm判換算600mm相当の超望遠レンズとなる。

 M.ZUIKO PROシリーズは、標準ズームレンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が発売済み。また、2014年後半発売の望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」と合わせて4本となる。

 フォーサーズレンズには同焦点距離となる「ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4」および「ZUIKO DIGITAL ED 300mm F2.8」があるが、今回の2本は同社マイクロフォーサーズ用としてはラインナップに無かった焦点距離となる。