ニュース

ソニー、スマホにワンタッチで画像転送できる「NEX-5T」

 ソニーは、ミラーレスカメラ「NEX-5T」を9月13日に発売する。「NEX-5R」(2012年11月発売)のマイナーチェンジモデルで、新たにNFC機能を搭載したほか液晶モニターがトリルミナスカラーに対応した。それ以外の主な機能はNEX-5Rとほぼ同じ。

製品名 同梱レンズ カラー 店頭予想価格
ボディ単体 ブラック 60,000円前後
パワーズームキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS シルバー
ブラック
ホワイト
75,000円前後
ダブルズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
100,000円前後

 NFC機能により、ワンタッチで撮影画像をスマートフォンやタブレットに転送できるようになった。転送したい写真をカメラの再生画面に表示させた上で、NFC対応のスマートフォンやタブレット端末にタッチさせると撮影画像を送ることができる。従来モデルでは、転送までに6ステップが必要だったという。

ボディのグリップ部分をスマートフォンなどとタッチさせるとNFC機能が利用できる。

 併せて、スマートフォンからライブビューを見ながら撮影できる「ワンタッチリモート」機能も、NFCで起動できるようになった。同機能も従来は起動に5ステップが必要だった。ワンタッチリモート機能は、「PlayMemories Camera Apps」の「スマートリモコン」アプリを利用しているが、同アプリはプリインストールとなっている。

 撮像素子はAPS-Cサイズ相当の有効1,610万画素Exmor APS HD CMOSセンサー。像面位相差検出とコントラスト検出を併用する「ファストハイブリッドAF」を搭載する。

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを装着したところ

 最高連写速度は約10コマ/秒。シャッター速度は30-1/4,000秒(バルブあり)。最高シンクロ速度は1/160秒。感度はISO100-ISO25600

 動画はAVCHD Ver.2の1,920×1,080ピクセル、60pなどが撮影可能。動画時の最高感度はISO6400。

 液晶モニターは約92万ドットの3型タッチパネル式。上約180度、下約50度にチルトできる。トリルミナスカラー表示に対応しており、撮影した静止画や動画を従来よりも広色域で表示できるとしている。

液晶モニターは前面に向けることができ、自分撮りが容易に行なえる。
外付けストロボが付属する。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード、メモリースティックPRO-HGデュオなど。電源はリチウムイオン充電池「NP-FW50」。撮影可能枚数は約330枚。

 ガイドナンバー7(ISO100・m)の外付けストロボが付属する。

 外形寸法と重量もNEX-5Rから変更は無い。外形寸法は110.8×58.8×38.9mm、本体のみの重量は約218g、バッテリーと記録メディアを含む重量は約276g。

NFC対応を謳うボディジャケット

 NEX-5TおよびNEX-5R用ボディジャケット「LCS-EBA」も新たに用意する。発売は9月13日で、価格は2,625円。黒、茶、オレンジ、グリーンの4色を用意する。

 素材にエラストマーを採用することで薄型化を図り、装着した状態でNFCが使用可能となっている。三脚には装着不可。

(本誌:武石修)