ニュース

「Nikon 1」がAF-Sレンズ使用時のコンティニュアスAFに対応

ボディ全機種の最新ファームウェアが公開

 ニコンは11日、ミラーレスカメラ「Nikon 1」シリーズのボディおよびマウントアダプターFT1、GPSユニットの最新ファームウェアを公開した。これまでNikon 1ボディにFT1経由で一眼レフカメラ用AF-Sレンズを取り付けた場合、AFモードはシングルAFに限定されていたが、今回のファームアップでコンティニュアスAFにも対応する。

マウントアダプターFT1。画角は35mm換算で約2.7倍の焦点距離相当となる。対応レンズではAE、AF、VR、フォーカスエイドが利用可能
Nikon 1 V2にマウントアダプターFT1とAF-Sレンズを装着したイメージ

 各機種ごとの更新内容は次の通り。

Nikon 1 V2

ファームウェアA:Ver.1.10 / B:Ver.1.10

  • 1 NIKKOR レンズのファームウェアのバージョンアップが正常に実行できるようになりました。
  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
    カメラと FT1 の両方をバージョンアップする場合は、先に Nikon 1 V2 のバージョンアップを行ってから マウントアダプター FT1 をバージョンアップしてください。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、拡大率に1倍を追加しました。
  • 撮影モードをオートモード、またはP、S、A、Mモードにして撮影しているときの電子ビューファインダーの表示が、滑らかになるよう改善しました。
  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けて連続撮影しているときに、撮影画像が暗くなることがある現象を修正しました。
  • GPS ユニット GP-N100 を取り付けて、[GPS による日時合わせ] を [する] にしたときの、時刻合わせ精度を向上しました。ただし、GPSによる時刻あわせで時刻の誤差を完全になくすことは出来ません。 GP-N100 は本修正に対応したファームウェア Ver.1.02 にバージョンアップしてからお使いください。

Nikon 1 V1

ファームウェアA:Ver.1.30 / B:Ver.1.30の変更内容

  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、下記を変更しました。
    − 拡大率に1倍を追加しました。
    − 拡大表示後、何も操作をしなかったときに、通常の画面に戻る時間を短くしました。
  • マウントアダプター FT1を取り付けて、[エレクトロニック(Hi)] の [10 fps] にて撮影しているときに、シャッターボタンを半押ししたときと全押ししたときとで、シャッタースピードの表示が異なる現象を修正しました。
  • GPS ユニット GP-N100 を取り付けて、[GPS による日時合わせ] を [する] にしたときの、時刻合わせ精度を向上しました。ただし、GPSによる時刻あわせで時刻の誤差を完全になくすことは出来ません。 GP-N100 は本修正に対応したファームウェア Ver.1.02 にバージョンアップしてからお使いください。

Nikon 1 J3

ファームウェアA:Ver.1.10 / B:Ver.1.10の変更内容

  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、拡大率に1倍を追加しました。

Nikon 1 J2

ファームウェアA:Ver.1.10 / B:Ver.1.10の変更内容

  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。
    なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、下記を変更しました。
    − 拡大率に1倍を追加しました。
    − 拡大表示後、何も操作をしなかったときに、通常の画面に戻る時間を短くしました。

Nikon 1 J1

ファームウェアA:Ver.1.30 / B:Ver.1.30の変更内容

  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、下記を変更しました。
    − 拡大率に1倍を追加しました。
    − 拡大表示後、何も操作をしなかったときに、通常の画面に戻る時間を短くしました。
  • マウントアダプター FT1を取り付けて、[エレクトロニック(Hi)] の [10 fps] にて撮影しているときに、シャッターボタンを半押ししたときと全押ししたときとで、シャッタースピードの表示が異なる現象を修正しました。

Nikon 1 S1

ファームウェアA:Ver.1.10 / B:Ver.1.10の変更内容

  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。
    なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、拡大率に1倍を追加しました。

マウントアダプターFT1

ファームウェアL:Ver.1.10の変更内容

  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの [フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。なお、本機能に対応しているカメラのファームウェアバージョンは下記のとおりです。
    カメラと FT1 の両方をバージョンアップする場合は、先に カメラ のバージョンアップを行ってから マウントアダプター FT1 をバージョンアップしてください。
    − Nikon 1 V2 A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10
    − Nikon 1 V1 A:Ver.1.30 / B:Ver.1.30
    − Nikon 1 J3 A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10
    − Nikon 1 J2 A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10
    − Nikon 1 J1 A:Ver.1.30 / B:Ver.1.30
    − Nikon 1 S1 A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10

GPSユニットGP-N100

ファームウェアVer.1.02の変更内容

  • GPS ユニット GP-N100 を取り付けて、[GPS による時刻合わせ] を [する] にしたときの、時刻合わせ精度を向上しました。ただし、GPSによる時刻あわせで時刻の誤差を完全になくすことは出来ません。
    カメラは本修正に対応した下記のファームウェア にバージョンアップしてからお使いください。
    − Nikon 1 V2 A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10
    − Nikon 1 V1 A:Ver.1.30 / B:Ver.1.30

(本誌:鈴木誠)