【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ペンタックス、「Kマウントレンズ用アダプターQ」。メカシャッター内蔵

〜全レンズで手ブレ補正可能。絞りリング付

 ペンタックスリコーイメージング株式会社は、「Kマウントレンズ用アダプターQ」を10月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円台半ばの見込み。

 ノンレフレックス(ミラーレス)カメラ「PENTAX Q」シリーズのボディに、同社の一眼レフカメラ用レンズ「Kマウントレンズ」を装着するためのマウントアダプター。累計215種類のKマウントレンズすべてが装着可能という。フォーカスはマニュアルのみ。

 2011年9月4日に「KQマウントアダプター」(仮称)として、「PENTAX Q 驚愕のナノ一眼体験イベント in 大阪」で初めて参考展示された製品。今回正式に製品化が決定した。

 Kマウントレンズ用アダプターQを使用した場合、35mm判換算でレンズ表記の5.5倍相当の焦点距離になる。標準域のレンズでも超望遠域になるため、天体や遠景などの撮影を小型軽量なシステムで行なえるとしている。別売の三脚座も装着できる。

 アダプター内にメカニカルシャッター機構を内蔵した。動体撮影時や超望遠撮影時のカメラ本体の振動などによるローリング歪みの発生を防ぐという。シャッター速度は30〜1/1,000秒。シャッターは5枚羽根。PENTAX Q10およびPENTAX Qはメカシャッターをボディに内蔵していない。

PENTAX PENTAX Q10での使用例

 装着したレンズの焦点距離をカメラに入力すれば、すべてのレンズでボディ内手ブレ補正機構が利用できる。

 また絞りリングの無いレンズでも、手動での絞り操作が行なえるよう絞りリングを備えた。

 なお、PENTAX Qで使用する場合にはボディのファームウェアをアップデートする必要がある。

 外形寸法は68×37mm(最大径×全長)。重量は145g。





(本誌:武石修)

2012/9/11 10:11