【 2014/10/21 】
【 2014/10/20 】
【 2014/10/17 】
【 2014/10/16 】
【 2014/10/15 】

カシオ、“背景ぼかし機能”が付いた「EXILIM」最上位モデル


 カシオは、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM EX-ZR200」を18日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後。ホワイト、ブラックのほか、前モデル「EX-ZR100」には無かったレッドとブルーも用意する。

ホワイト ブラック
レッド ブルー

 3月に発売したEX-ZR100の後継モデルで、EXILIMシリーズの最上位モデルとなる。前モデルから画素数を大幅に上げたほか、自動撮影の強化を図った。背景ぼかし機能も新たに装備した。

 シーンを認識して自動撮影する従来の「プレミアムオート」に、HDR、HS夜景、HS手ブレ補正といった連写撮影機能を新たに統合した。カシオでは「プレミアムオートPRO」の名称で訴求する。一例として、窓のある室内を撮影した場合に室内が暗くならず窓の外の景色も白トビしにくいとしている。プレミアムオートPROはモードダイヤルで選択できる。

 高速連写技術を応用した背景ぼかし機能も備える。独自の処理で一眼レフカメラで撮影したような被写体を際だたせた写真が撮影できるとする。

 撮像素子は前モデルの有効1,210万画素から1,610万画素に向上。引き続き裏面照射型CMOSセンサーを採用する。レンズは前モデルと同じ24-300mmの12.5倍ズーム。超解像技術を利用することで、画質の劣化を抑えたまま25倍までのズームも可能としている。

ホワイト
ブラック
レッド
ブルー

 カメラを動かしながら複数枚の画像を合成して広角写真を撮影する「ワイドショット機能」も搭載。35mm判換算で14mm相当および18mm相当の撮影ができる。

 レスポンスも前モデルから向上させた。起動時間は0.98秒、AF時間は0.13秒、撮影間隔は最短0.27秒となっている。

 引き続き、アーティスティックな写真が撮れる「HDRアート」や、フルHD動画撮影機能も利用できる。

 充電はAC電源に加えて、USBからも行なえるようになった。

製品名 EXILIM EX-ZR200
撮像素子 1/2.3型有効1,610万画素裏面照射型CMOSセンサー
レンズ 24-300mm相当(35mm判換算)F3-5.9
最短撮影距離 1cm(広角端から5段ズーム時)
感度 ISO80-3200
露出プログラム プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出
測光方式 マルチパターン、中央重点、スポット
シャッター速度 15-1/2,000秒(全モードあわせて)
液晶モニター 3型約46万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
連写速度 約30コマ/秒(フル画素)
動画記録 H.264/AVC(1,920×1,080・30fps)など
バッテリー リチウムイオン充電池「NP-130」
撮影可能枚数 約480枚
外形寸法 104.8×59.1×28.6mm
質量 約165g(本体)
約205g(バッテリー、メモリーカード含む)




(本誌:武石修)

2011/11/10 14:07