【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ニコン、「D7000」暗所撮影時の輝点現象を軽減するファームウェア


 ニコンは22日、デジタル一眼レフカメラ「D7000」の最新ファームウェアを公開した。バージョン番号はファームウェアA、BともにVer.1.01。

D7000

 ファームウェアの適用により、暗いシーンや黒っぽい被写体などをライブビュー撮影または動画撮影した場合に輝点が目立つことがある現象を軽減する。

 ニコンでは12月3日にサポートページで同現象について言及し、「実用上問題のないレベル」としながらも、ファームウェアのバージョンアップによる軽減を図るとしていた。

 なお、ライブビュー中にシャッターボタンを半押ししてピントを合わせると、AF動作中に液晶モニターに輝点が現れる場合があるが、この現象は静止画撮影または動画撮影で記録した画像には影響しないとしている。加えて、動画撮影中のAF動作も影響しないという。

 D7000は、有効1,620万画素(APS-Cサイズ相当、DXフォーマット)のCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ。防塵防滴性能や視野率約100%のファインダーなどを特徴とする。フルHD動画記録にも対応。発売は10月。ボディのみの実勢価格は13万8,000円前後。



(本誌:鈴木誠)

2010/12/22 11:43