【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【フォトキナ】一眼レフフラッグシップモデル「SD1」を参考出品したシグマ


 シグマはフォトキナ2010で、21日に開発発表したデジタル一眼レフカメラ「SD1」などをブースに展示した。

シグマブース

 既報の通りSD1は、有効約4,600万画素(4,800×3,200×3)フルカラーX3ダイレクトイメージセンサーを搭載したモデル。2011年2月前後に発売する。価格は未定。

SD1(試作品)
ダイヤルの文字は従来プリントだったが、立体的の造形になった

 撮像素子の大型化、高画素化とともに画像処理エンジンのデュアル化などを図った。ブースにはケース内に試作品を展示しており、手に触れることはできない。ただし、ディーラー向けには手に取れる試作品を用意している。

 外観デザインもSD15から変更になった。グリップ部は、人差し指部分が大きく湾曲してよりフィットするようになった。また、従来までシャッターボタンと同軸だったコマンドダイヤルは廃止し、ダイヤルの一部が出る縦回転式になった。また、背面の親指が掛かる位置にもコマンドダイヤルを新設した。展示している試作品は、外観はほぼ最終という。SD15同様にダストプロテクションカバーも備える。

新たにCFに対応 バッテリー室。ゴムのシーリングが見える
バッテリー室は回転式ロックを採用
前側コマンドダイヤルが変わった。グリップ内に埋め込まれている 後側には親指で回転できる水平ダイヤルも。なおストラップ取り付け方式が三角環になった
ドライブモードダイヤル 内蔵ストロボをポップアップしたところ
端子類 ファインダー

 防塵防滴性能を謳い、本体はマグネシウム合金製となる。バッテリー室も回転式のロック機構を設けていた。なお、バッテリーの形式は未定という。なお、本体に「Foveon」のロゴはない。すでにシグマがFoveonを買収しているため表記はしていないという。

ブース内にはSD1で撮影したプリントを展示していた
こちらは、主に商談用スペースの撮影サンプル。

 同日発表した新レンズも展示した。いずれも価格と発売時期は未定。手ブレ補正を搭載したマクロレンズ「APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM」は、ケース内に試作品を展示。

APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM(試作品)

 また、同じく手ブレ補正を搭載した大口径望遠ズームレンズ「APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」は、ブースへの展示はなくディーラー向けとして商談スペースにのみ試作品を用意していた。

APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM(試作品)
APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSMをSD1に装着したところ

 なお、新製品のストロボ「ELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER」と「ELECTRONIC FLASH EF-610 DG ST」の展示はなかった。

国内でも30日の発売が決定したDP1x
こちらは、24日にキヤノン用が発売になる85mm F1.4 EX DG HSM
6月に発売済みのSD15を手に取る来場者も多かった
シグマブースでは恒例となっているAPO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DGの体験コーナーも人気 ブース内にはシグマの現地法人がスポンサーになっているレースチームの自動車が展示してあった



(本誌:武石修)

2010/9/22 13:39