【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

パナソニック、LUMIX G用「3D対応レンズ」を開発発表

〜年内を目処に発売。動く被写体にも対応

開発発表したLUMIX Gシリーズで3D撮影ができる交換レンズ

 パナソニックは28日、レンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX G」シリーズで3D撮影ができる交換レンズを開発発表した。年内を目処に発売する。

 マイクロフォーサーズシステム規格を採用するLUMIX Gシリーズの交換レンズの1つとして展開する製品。具体的な対応機種は未定となっている。同社では、レンズ交換式デジタルカメラで3D撮影を可能にする2眼式交換レンズは世界初としている。

 レンズマウント径内に2つの光学系を搭載し、左右のレンズでステレオ画面を構成。画像処理を経て3D映像を生成する。近距離の被写体でも目に負担が少ない3D撮影ができるほか、動く被写体でも形状歪みや左右画像の時間差無く撮影ができるとしている。撮影した映像は、3D対応の「ビエラ」で再生可能。

 レンズの大きさは明らかになっていないが、「非常にコンパクトなサイズを実現した」という。




(本誌:武石修)

2010/7/28 12:28