【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

【詳報】オリンパス、新アートフィルターなどを搭載した「E-P2」を海外で発表

〜動画のマニュアル撮影に対応。新レンズ2本もアナウンス

E-P2

 オリンパスは5日、マイクロフォーサーズシステム規格対応機の第2弾となるレンズ交換式デジタルカメラ「E-P2」を海外で発表した。欧州では949ユーロで、2010年1月に発売する。国内での発売は未定。

 同社が7月3日に発売したマイクロフォーサーズ機「E-P1」の上位機種と見られるカメラ。新たに、144万ドットの外付けEVFの装着が可能になったほか、新アートフィルターや「i-Enhance」と呼ばれる色強調機能などを搭載した。撮像素子と画像処理エンジンはE-P1と同様。

 外観はE-P1をほぼ踏襲したデザインを採用した。本体色は、E-P1では設定の無かったブラックとなっている。本体サイズは120.5×35×70mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は約335gでE-P1と同じ。


M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8を装着したところ 背面
上面(レンズは、M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8) 外付けEVF「VF-2」(手前)

 外付けEVF「VF-2」はオプションとして用意する。EVFとの接続部は「アクセサリーポート」と呼ばれ、ホットシュー下部の背面側に設けた。EVFをホットシューに装着することでカメラと接続できる。VF-2は視野率100%で、画素数が144万ドットと従来のデジタルカメラ用外付けEVFに比べて高精細になっている。また接眼部を上方にチルトすることも可能。VF-2には、EVFと液晶モニターの表示切替えをすると思われるボタンも確認できる。また、アクセサリーポート対応のアクセサリーとして、マイクロフォンアダプターセット「SEMA-1」も用意する。SEMA-1は、マイクロフォンアダプター、ステレオマイクロフォン、クリップ付きの延長ケーブルからなる。

 アートフィルターには、「Diorama」と「Cross Process」が新たに加わった。Dioramaは、俯瞰撮影した画像をミニチュアのように加工するもので、Cross Processは、ポジフィルムをネガの現像液で(またはその逆)処理する手法で、高彩度で高コントラストな画像を得ることができる。i-Enhanceは、被写体の色を自動的に強調することで、記憶に近い印象に仕上げる機能と思われる。

M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6」を装着したところ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8とVF-2を装着したところ
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8とVF-2を装着したところ VF-2の表示イメージ
VF-2は、上90度までチルト可能

 撮像素子は、有効1,230万画素の4/3型ハイスピードLive Mosセンサー。画像処理エンジンは「TruePic V」。1,280×720ピクセル、30fpsでのHD動画撮影も可能。新たに動画のマニュアル撮影も可能になった。シャッター速度換算で最大約4段分のボディ内手ブレ補正機構も継承した。AFモードには動体追尾モードも加わった。感度はISO100〜6400。シャッター速度は2〜1/4,000秒。最大シンクロ速度は1/180秒。AFエリアは11点。連写速度も3コマ/秒でE-P1と同じ。

 液晶モニターはE-P1と同じ約23万ドットの3型。2軸の水準表示機能も備える。記録メディアはSDHC/SDメモリーカード。リモートコントロールに対応したHDMIミニコネクターを備える。電源はE-P1と同様のリチウムイオン充電池「BLS-1」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約300枚。


マイクロフォンアダプターセット「SEMA-1」を装着したところ ブラックのボディジャケットとストラップも用意する

新レンズがロードマップに加わる

 また同日、マイクロフォーサーズ対応の新レンズとして「ED 9-18mm F4〜5.6」や「ED 14〜150mm F4〜5.6」など計6本がロードマップに加わった。

 ED 9-18mm F4〜5.6は35mm判換算で18〜35mm相当の広角ズームレンズ、ED 14〜150mm F4〜5.6は、同28〜300mmの高倍率ズームレンズとなる。ともに2010年上半期の発売を予定している。

 また、具体的なレンズ名や焦点距離は未定だが、「Super Telephoto Zoom」、「Macro」、「Fisheye」、「Wide」の4本を2011年春に発売するとしている。Super Telephoto Zoomは焦点距離80〜300mm弱程度の超望遠ズームレンズになる見込み。それ以外の3本はすべて単焦点レンズになる。Macroは焦点距離50mm程度のマクロレンズに、Fisheyeは同10mm弱の魚眼レンズに、Wideは同10mm台前半の広角レンズになる模様。




(本誌:武石修)

2009/11/5 19:18


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.