デジカメ Watch

この春話題の「防水デジカメ」を比較する――画質編

Reported by 小山 安博

左上から時計回りにFinePix Z33WP、DMC-FT1、μTOUGH-6000、μTOUGH-8000、PowerShot D10、Optio W60

「この春話題の「防水デジカメ」を比較する――機能・操作編」はこちら

 前回の機能・操作編に引き続き、今回はそれぞれのデジカメの画質を見てみよう。水中や雪山など、柔軟な撮影環境に対応する製品ばかりだが、今回は一般的な環境で使うことを想定した作例を掲載している。

主な仕様
  μTOUGH-8000 μTOUGH-6000 PowerShot D10 DMC-FT1 FinePix Z33WP Optio W60
メーカー オリンパス キヤノン パナソニック 富士フイルム ペンタックス
撮像素子 1/2.33型CCD 1/2.3型CCD 1/2.33型CCD 1/2.3型CCD 1/2.3型CCD
有効画素数 1,200万 1,000万 1,210万 1,210万 1,000万 1,000万
光学ズーム比 3.6倍 3倍 4.6倍 3倍 5倍
焦点距離
(35mm判換算)
28〜102mm 35〜105mm 28〜128mm 35〜105mm 28〜140mm
開放F値 F3.5〜5.1 F2.8〜4.9 F3.3〜5.9 F3.7〜4.2 F3.5〜5.5
光学手ブレ補正 CCDシフト レンズ内 レンズ内
対水深 10m 3m 10m 3m 3m 4m
水没時間 60分 (特に制限なし) 60分 (特に制限なし) 120分
耐落下衝撃(高さ) 2m 1.5m 1.22m 1.5m


広角端

 28mmスタートではないFinePix Z33WPとPowerShot D10は、それぞれ広角端が狭いのが分かる。6機種のうち、Optio W60は解像感が高くシャープで、PowerShot D10もなかなか良好。DMC-FT1は、ややシャープネス処理が強目にかかりすぎかもしれない。μTOUGH-8000/6000は、バリエーションモデルと思いきや、μTOUGH-8000の方が彩度が高く写るようだ。

 撮影はおまかせオート撮影機能を使った。いずれも「風景」モードで撮影した点も影響しているだろう。


μTOUGH-8000 / 約5.2MB / 3,968×2,976 / 1/250秒 / F5 / 0EV / ISO64 / WB:オート / 5mm μTOUGH-6000 / 約3.8MB / 3,648×2,736 / 1/160秒 / F5 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 5mm

PowerShot D10 / 約3.8MB / 4,000×3,000 / 1/1,250秒 / F2.8 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 6.2mm DMC-FT1 / 約6.6MB / 4,000×3,000 / 1/1,000秒 / F3.3 / 0EV / ISO125 / WB:オート / 4.9mm

FinePix Z33WP / 約4.3MB / 3,648×2,736 / 1/600秒 / F4.9 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 6.3mm Optio W60 / 約3.3MB / 3,648×2,736 / 1/250秒 / F4.2 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 5mm

望遠端

 被写体をより拡大して撮れるという意味では光学倍率の最も高いOptio W60が有利。DMC-FT1がそれに続く形。画質は、設計に無理がなさそうなPowerShot D10がシャープによく写る印象だ。


μTOUGH-8000 / 約4.4MB / 3,968×2,976 / 1/320秒 / F6.3 / 0EV / ISO64 / WB:オート / 18.2mm μTOUGH-6000 / 約3.7MB / 3,648×2,736 / 1/320秒 / F5.6 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 16.2mm

PowerShot D10 / 約2.4MB / 4,000×3,000 / 1/500秒 / F4.9 / 0EV / ISO80 / WB:太陽光 / 18.6mm DMC-FT1 / 約5.5MB / 4,000×3,000 / 1/320秒 / F5.9 / 0EV / ISO80 / WB:オート / 22.8mm

FinePix Z33WP / 約4.1MB / 3,648×2,736 / 1/340秒 / F5.5 / 0EV / ISO64 / WB:晴天 / 18.9mm Optio W60 / 約3.4MB / 3,648×2,736 / 1/200秒 / F5.5 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 25mm

マクロ

 マクロ撮影では、PowerShot D10が3cm、DMC-FT1が5cmと近くまで寄れるほか、μTOUGH-8000/6000とOptio W60には1cmマクロ機能を搭載する。マクロ撮影の場合、DMC-FT1にある追尾AFを使い、ピントを合わせたい場所に指定しておけば、そのあと構図を変えてもピントが合わせられるので便利だ。


μTOUGH-8000 / 約4.5MB / 3,968×2,976 / 1/80秒 / F4 / 0EV / ISO64 / WB:オート / 5mm μTOUGH-8000 / 約3.8MB / 3,968×2,976 / 1/60秒 / F4.1 / 0EV / ISO64 / WB:オート / 6.5mm(スーパーマクロ)

μTOUGH-6000 / 約3.7MB / 3,648×2,736 / 1/100秒 / F3.5 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 5mm μTOUGH-6000 / 約4.5MB / 3,648×2,736 / 1/60秒 / F4.1 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 6.5mm(スーパーマクロ)

PowerShot D10 / 約2.3MB / 4,000×3,000 / 1/320秒 / F2.8 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 6.2mm DMC-FT1 / 約4.9MB / 4,000×3,000 / 1/250秒 / F3.3 / 0EV / ISO80 / WB:オート / 4.9mm

FinePix Z33WP / 約4.3MB / 3,648×2,736 / 1/90秒 / F3.7 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 6.3mm Optio W60 / 約3.4MB / 3,648×2,736 / 1/60秒 / F3.8 / 0EV / ISO50 / WB:オート / 6.1mm

ISO感度

 低感度時の画質はどれも甲乙付けがたい。DMC-FT1とμTOUGH-6000、Optio W60はオートホワイトバランスで照明の色を残す方向のようで、ちょっと色味が変わってしまっている。μTOUGH-8000と傾向が異なるのが面白いところだ。

 PCの画面で等倍鑑賞する限りは、どのモデルも常用できるのはISO200まで。ISO400になるとノイズが増え、ISO800あたりだと結構厳しい。μTOUGH-8000/6000はもう一踏ん張りほしかったところ。全モデルISO1600も対応しているが、これはいずれも緊急避難用だろう。また、Optio W60はISO6400まで選択できるが、さすがに常用は難しい。

・μTOUGH-8000


ISO64
μTOUGH-8000 / 約4.5MB / 3,968×2,976 / 1/10秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO100
μTOUGH-8000 / 約4.7MB / 3,968×2,976 / 1/15秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO200
μTOUGH-8000 / 約4.6MB / 3,968×2,976 / 1/30秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm

ISO400
μTOUGH-8000 / 約5.2MB / 3,968×2,976 / 1/60秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO800
μTOUGH-8000 / 約5.3MB / 3,968×2,976 / 1/160秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO1600
μTOUGH-8000 / 約4.6MB / 3,968×2,976 / 1/160秒 / F5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm

・μTOUGH-6000


ISO50
μTOUGH-6000 / 約3.8MB / 3,648×2,736 / 1/10秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO100
μTOUGH-6000 / 約4.0MB / 3,648×2,736 / 1/20秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO200
μTOUGH-6000 / 約3.7MB / 3,648×2,736 / 1/40秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm

ISO400
μTOUGH-6000 / 約3.8MB / 3,648×2,736 / 1/60秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO800
μTOUGH-6000 / 約3.7MB / 3,648×2,736 / 1/160秒 / F4.5 / 0EV / WB:オート / 10.3mm
ISO1600
μTOUGH-6000 / 約3.9MB / 3,648×2,736 / 1/80秒 / F6.3 / 0EV / WB:オート / 10.3mm

・PowerShot D10


ISO80
PowerShot D10 / 約2.5MB / 4,000×3,000 / 1/15秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO100
PowerShot D10 / 約2.7MB / 4,000×3,000 / 1/20秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO200
PowerShot D10 / 約2.9MB / 4,000×3,000 / 1/50秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm

ISO400
PowerShot D10 / 約2.8MB / 4,000×3,000 / 1/80秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO800
PowerShot D10 / 約3.1MB / 4,000×3,000 / 1/200秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO1600
PowerShot D10 / 約3.2MB / 4,000×3,000 / 1/400秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm

ISO3200
PowerShot D10 / 約398K / 1,600×1,200 / 1/640秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm

・DMC-FT1


ISO80
DMC-FT1 / 約5.6MB / 4,000×3,000 / 1/5秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm
ISO100
DMC-FT1 / 約6.0MB / 4,000×3,000 / 1/6秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm
ISO200
DMC-FT1 / 約5.4MB / 4,000×3,000 / 1/15秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm

ISO400
DMC-FT1 / 約5.1MB / 4,000×3,000 / 1/30秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm
ISO800
DMC-FT1 / 約5.1MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm
ISO1600
DMC-FT1 / 約5.3MB / 4,000×3,000 / 1/125秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm

ISO3200
DMC-FT1 / 約468K / 2,048×1,536 / 1/25秒 / F5.2 / 0EV / WB:オート / 11mm

・FinePix Z33WP


ISO64
FinePix Z33WP / 約4.2MB / 3,648×2,736 / 1/9秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO100
FinePix Z33WP / 約3.9MB / 3,648×2,736 / 1/14秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO200
FinePix Z33WP / 約4.3MB / 3,648×2,736 / 1/30秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm

ISO400
FinePix Z33WP / 約3.9MB / 3,648×2,736 / 1/75秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO800
FinePix Z33WP / 約4.3MB / 3,648×2,736 / 1/120秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm
ISO1600
FinePix Z33WP / 約4.3MB / 3,648×2,736 / 1/340秒 / F4 / 0EV / WB:オート / 11.6mm

・Optio W60


ISO50
Optio W60 / 約3.2MB / 3,648×2,736 / 1/5秒 / F4.6 / 0EV / WB:オート / 11.1mm
ISO100
Optio W60 / 約3.6MB / 3,648×2,736 / 1/10秒 / F4.6 / 0EV / WB:オート / 11.1mm
ISO200
Optio W60 / 約3.4MB / 3,648×2,736 / 1/20秒 / F4.6 / 0EV / WB:オート / 11.1mm

ISO400
Optio W60 / 約3.5MB / 3,648×2,736 / 1/50秒 / F4.6 / 0EV / WB:オート / 11.1mm
ISO800
Optio W60 / 約3.5MB / 3,648×2,736 / 1/100秒 / F4.6 / 0EV / WB:オート / 11.1mm
ISO1600
Optio W60 / 約3.3MB / 3,648×2,736 / 1/200秒 / F4.6 / 0EV / WB:オート / 11.1mm

ISO3200
Optio W60 / 約1.8MB / 2,592×1,944 / 1/250秒 / F5.5 / 0EV / ISO3200 / WB:オート / 11.1mm
Optio W60 / 約1.7MB / 2,592×1,944 / 1/640秒 / F5.5 / 0EV / ISO6400 / WB:オート / 11.1mm

動画

 動画機能でもっとも優秀なのがDMC-FT1。1,280×720ピクセルのAVCHD Liteに対応し、今回のモデルでは唯一撮影中のズームも可能。顔検出やおまかせ機能も搭載しており、静止画と動画を両方重視する人には良さそうだ。Optio W60もHD動画の撮影、動画撮影中の光学ズームの利用が可能だが、15fpsなのでややなめらかさが足りない感じだ。。

 それ以外ではPowerShot D10の動画もなかなか良好。デジタルながらズームも可能だ。FinePix Z33WPは動画専用ボタンがあり、素早い動画撮影ができるのはいい。

  • 画像をクリックすると動画をダウンロードします。
  • 再生環境などの問い合わせには対応いたしません。ご了承ください。

μTOUGH-8000 / Motion JPEG / AVI / 15.5MB / 640×480ピクセル / 30fps

μTOUGH-6000 / Motion JPEG / AVI / 15.0MB / 640×480ピクセル / 30fps

PowerShot D10 / H.264 / AVI / 21.3MB / 640×480ピクセル / 30fps

DMC-FT1 / AVCHD Lite / MPEG2-TS / 21.7MB / 1,280×720ピクセル / 60p・30fps

FinePix Z33WP / Motion JPEG / AVI / 11.4MB / 640×480ピクセル / 30fps

Optio W60 / Motion JPEG / AVI / 13.6MB / 1,280×720ピクセル / 15fps


水中

 いずれも水中モードで撮影してテストした。水中撮影で気になったのは、液晶モニターの見やすさ。今回は水中に手を入れて撮影したため、地上から水の中を見る形だったが、μTOUGH-8000/6000が非常に見やすく、撮影しやすかった。

 また、μTOUGH-8000/6000、DMC-FT1は、シャッタースピード1/30秒ながらISO感度がISO100の低感度で撮影しているのに対し、FinePix Z33WPとOptio W60は1/60秒・ISO400まで増感。手ブレ・被写体ブレの危険はあるが高画質な前者に対し、後者は画質は荒れるがブレの危険は減る。このあたりは各社のポリシーの違いが現れていそうだ。発光量の違いのせいか、PowerShot D10はISO160でもシャッタースピードが1/60秒になっており、これが一番バランスがいい。


μTOUGH-8000 / 約5.6MB / 3,968×2,976 / 1/30秒 / F3.5 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 5mm μTOUGH-6000 / 約3.8MB / 3,648×2,736 / 1/30秒 / F3.5 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 5mm

PowerShot D10 / 約3.0MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F2.8 / 0EV / ISO160 / WB:オート / 6.2mm DMC-FT1 / 約5.7MB / 4,000×3,000 / 1/30秒 / F3.3 / 0EV / ISO100 / PanasonicWB: / PanasonicWB:flash / 4.9mm

FinePix Z33WP / 約4.4MB / 3,648×2,736 / 1/60秒 / F3.7 / 0EV / ISO400 / WB:オート / 6.3mm Optio W60 / 約3.7MB / 3,648×2,736 / 1/50秒 / F3.5 / 0EV / ISO400 / WB:オート / 5mm

まとめ

 防水デジカメ6機種は、それぞれ特徴があり、今、もっとも選ぶのが楽しいジャンルかもしれない。

 μTOUGHの質実剛健さは、好きな人にはたまらないだろうし、PowerShot D10は独特のデザインと安定した画質は大きなメリット。DMC-FT1は水中でもハイビジョン動画を撮れる点は特徴的。FinePix Z33WPは、軽く安いのに十分な防水性能が魅力。Optio W60は、世代こそやや古いが、性能も画質も十分通用するレベル。

 デジカメは精密機器なので過酷な環境では使いづらく、海や川、山などのレジャーシーンでは、撮影のチャンスが頻繁に訪れるのにカメラの水ぬれや汚れが怖くて使えない、というのはもったいない。そんなシーンでも、防水デジカメであれば問題なく使えるし、さらに水中でも手軽に使えるようになる。

 これまでは撮影できなかったシーンでもカメラを使えるようになる。そんな大きなメリットが防水デジカメにはあり、さらに今回は選ぶ楽しみまで増えたので、1台目としても2台目としてもおすすめしたい。

【2009年5月25日】動画中のズーム動作が可能な機種ついて、Optio W60を含めました。


関連記事
この春話題の「防水デジカメ」を比較する――機能・操作性編(2009/04/27)
【新製品レビュー】パナソニック「LUMIX DMC-FT1」(2009/03/13)
【新製品レビュー】オリンパス「μTOUGH-8000」(2009/03/09)
富士フイルム、防水・防塵で世界最小の「FinePix Z33WP」(2009/02/26)
キヤノン初の防水・耐寒・耐衝撃デジカメ「PowerShot D10」(2009/02/18)
キヤノン、「IXY DIGITAL」「PowerShot」計8機種を発表(2009/02/18)
【新製品レビュー】オリンパス「μTOUGH-6000」(2009/02/06)
パナソニック、同社初のタフネスモデル「DMC-FT1」(2009/01/28)
オリンパス、防水デジカメ「μTOUGH」上位モデル(2009/01/13)
オリンパス、防水・耐衝撃・耐低温の「μTOUGH-6000」(2009/01/13)
【新製品レビュー】ペンタックス「Optio W60」(2008/07/31)
ペンタックス、広角ズーム搭載の防水デジカメ「Optio W60」(2008/06/04)



小山 安博
某インターネット媒体の編集者からライターに転身。無節操な興味に従ってデジカメ、ケータイ、音楽プレーヤー、コンピュータセキュリティなどといったジャンルをつまみ食い。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。デジカメ、音楽プレーヤー、PC……たいてい何か新しいものを欲しがっている。

2009/05/11 12:01
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.