光の波長よりも小さな凸凹は平均値として認識される。凸凹を尖らせれば(下)、屈折率がグラデーションのように連続的に変化していく層ができる

光の波長よりも小さな凸凹は平均値として認識される。凸凹を尖らせれば(下)、屈折率がグラデーションのように連続的に変化していく層ができる