【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

写真で見るソニーNEX-C3

Reported by 本誌:鈴木誠

 ソニーが6月24日に発売するレンズ交換式デジタルカメラ「NEX-C3」のβ機をお借りできたので、外観写真を中心に掲載する。

NEX-C3(ブラック)

 NEX-C3は、ソニーが2010年6月に発売したEマウント採用機「NEX-3」の後継モデル。更なる小型軽量化により、APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載するレンズ交換式デジタルカメラのボディとして世界最小最軽量を謳う(2011年6月8日現在)。NEX-C3のCは「コンパクト」や「カジュアル」を意味するという。

 並売する上位機種「NEX-5」(2010年6月発売)にも迫るボディの小型化が最大の特徴だが、ライブビューを見ながら効果を確認できる「ピクチャーエフェクト」の搭載といった新機能の追加もトピック。エフェクト効果を適用しながらのライブビュー撮影でもコマ落ちなどは感じられなかった。

 従来モデルのNEX-3と比較すると、全体に丸みを持たせたボディ形状や、ボディの背面から上部にかけての造形がスリムさを感じさせる。グリップ部の厚さは減ったが、表面に施したパターンによりホールディング性は犠牲になっていない印象だった。

外観

背面右手側の操作部 グリップ部
ステレオマイクはボディ上部から前面に移動した 液晶モニター部はチルト機構を変更して薄型化した
バッテリーはNEX-5/3やα55/33と共通の「NP-FW50」 カードスロットは独立した場所に

レンズ装着例

・E-16mm F2.8

・E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

NEX-3(右)と比較

画面など

・撮影画面

撮影画面 詳細表示
ピーキング表示をしたところ(白・レベル中) ピーキング表示をしたところ(赤・レベル強)
撮影モードに「ピクチャーエフェクト」を追加 適用する効果を選ぶ画面。「背景ぼかし」などもここに含まれる

・ピクチャーエフェクト効果(一部)

効果は重ねることもできる。写真はパートカラー(レッド)に明るさ調整を加えたところ 通常時(参考)
「トイカメラ」 「ポップカラー」
「ポスタリゼーション(カラー)」 「ポスタリゼーション(白黒)」
「レトロフォト」 「パートカラー(レッド)」
「ハイキー」 「ハイコントラストモノクロ」

・メニュー画面

カメラ(1/2) カメラ(2/2)
画像サイズ(1/2) 画像サイズ(2/2)
明るさ・色合い(1/2) 明るさ・色合い(2/2)
再生(1/3) 再生(2/3)
再生(3/3)
セットアップ(1/8) セットアップ(2/8)
セットアップ(3/8) セットアップ(4/8)
セットアップ(5/8) セットアップ(6/8)
セットアップ(7/8) セットアップ(8/8)
カスタムキーに割り当てられる機能(1/3) カスタムキーに割り当てられる機能(2/3)
カスタムキーに割り当てられる機能(3/3)
カスタムキー設定で左キーに3つの機能を割り当てたところ。最大5つまで登録できる 最大の5項目を登録したところ。方向キー左右で項目移動、ホイールを回すと値が変わる

・再生画面

再生画面 詳細表示



鈴木 誠

2011/6/9/ 11:48