【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

デジカメドレスアップ主義:フォーカシングレバーに憧れて

キヤノンEOS 5D Mark II + インダスター22 50mm F3.5
Reported by 澤村徹

  • ボディ:キヤノンEOS 5D Mark II
  • レンズ:インダスター22 50mm F3.5
  • マウントアダプター:EOS-M42マウントアダプター(ノンブランド品)
  • マウントアダプター:ディスカバーフォト L39-M42マクロアダプター
  • ストラップ:デテ 一眼レフしわしわカメラストラップ ウォッシュヌメ革(バケッタキャメル)
※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 オールドレンズは個性的な描写に加え、そのクラシカルな佇まいも魅力的だ。なかでも沈胴エルマーやズマールなど、初期のライカLレンズはピントリングにレバーが付き、独特の雰囲気を醸している。今回はこうしたレバー付きレンズをキヤノンEOSに装着し、新旧スタイルのミックスを楽しんでみよう。

 ライカLマウントのフランジバックは28.8mm、キヤノンEFマウントは44mmだ。ライカLマウントの方が短いため、仮にライカLレンズをEOSに装着しても無限遠が出ない。そこで沈胴エルマーはあきらめ、ゼニットに着目してみた。ゼニットは1950年代に登場したロシア製一眼レフで、ゾルキー(ロシア製ライカLマウント互換レンジファインダーカメラ)にビゾフレックス(ライカを一眼レフ化する装置)を無理やり埋め込んだような奇妙なカメラだ。マウントは39mm径のスクリュー式で、一般にM39マウントと呼ばれている。フランジバックは約45.2mmで、M42マウントの45.5mmに近い。ゼニット用のマウントアダプターは発売されていないが、EOS-M42マウントアダプターとM42-M39変換リングを組み合わせると、ゼニット用レンズがEOSに付く。0.3mmほどフランジバックを満たしていないが、絞り込んで撮ればおおむね無限遠が出るという算段だ。

 ゼニットシリーズは、代々インダスター22 50mm F3.5を標準レンズとして採用してきた。そして初期型ゼニットとセットになっていたインダスターは、ピントリングにレバーが付いている。このレンズなら、クラシカルなスタイルを描写と外観の両面で楽しめるわけだ。レバー付きレンズの憧憬を満たすセットアップである。

39mm径の小さなレンズなので、EOS 5D Mark IIに付けるとレンズキャップのような姿だ レバー付きレンズをEOSに付けると、現代的なボディがクラシカルな佇まいに様変わりする
レンズ前面が絞りリングになっている。撮影中に前面を確認する必要があり、絞り変更は少々やりづらい インダスター22 50mm F3.5は、沈胴エルマー(左上)やズマール(右上)のように距離調整レバーが付いている

 レバー付きインダスターのビンテージテイストに合わせ、ウォッシュドレザーのストラップを装着してみた。デテの一眼レフしわしわカメラストラップは、ヌメ革をウォッシュ加工している点が特徴だ。ウォッシュドレザーは使い込んだ風合いが魅力だが、そこにヌメ革ならではの素朴なテイストが加わり、レバー付きインダスターの無骨さと相性がよい。レザーカラーは全4色で、ステッチは全11色から選択できる。

ディスカバーフォトのL39-M42マクロアダプターは2,480円。EOS-M42アダプターはノンブランド品を使用した レンズ付きのゼニットは5,000円〜1万円程度。レバー付きレンズは初代ゼニットに付属することが多い
デテの一眼レフしわしわカメラストラップは9,450円。ソフトヌメ革にウォッシュ加工をほどこしている 手縫いのステッチがクラフト感を醸す。ウォッシュ加工してあるが、しっとりとやわらかい風合いのレザーだ

 ロシアレンズは「古いほど写りがよい」と言われることがある。インダスター22 50mm F3.5は、それを裏付けるかのような描写だ。発色とシャープネスはナチュラルで、コントラストもしっかりしている。素朴ながらも芯を感じさせる描写だ。半世紀以上むかしのレンズだが、素性のよいレンズといえそうだ。一方、開放ではたっぷりと周辺光量が落ち、レトロな描写が存分に味わえる。フランジバックが0.3mmほど短いため、無限遠はF11まで絞ってもわずかに甘い。ただし、中遠距離はしっかりピントが合い、運用次第で十分に楽しめるレンズといえるだろう。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしのRAW現像画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
EOS 5D Mark II / インダスター22 50mm F3.5 / 5,616×3,744 / 1/1,600秒 / F3.5 / -0.67EV / ISO100 / WB:オート / 50mm EOS 5D Mark II / インダスター22 50mm F3.5 / 5,616×3,744 / 1/60秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 50mm
EOS 5D Mark II / インダスター22 50mm F3.5 / 5,616×3,744 / 1/60秒 / F11 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 50mm EOS 5D Mark II / インダスター22 50mm F3.5 / 5,616×3,744 / 1/320秒 / F11 / -0.67EV / ISO100 / WB:オート / 50mm
EOS 5D Mark II / インダスター22 50mm F3.5 / 5,616×3,744 / 1/320秒 / F3.5 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 50mm EOS 5D Mark II / インダスター22 50mm F3.5 / 5,616×3,744 / 1/800秒 / F3.5 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 50mm


(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2010/12/1 00:00