【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

デジカメドレスアップ主義:市販アイテムでお手軽ドレスアップ

LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.
Reported by 澤村徹

  • ボディ:パナソニックLUMIX DMC-GF1(ブラック)
  • レンズ:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.
  • フード:ユーエヌ ラバースクエアーフード(46o用)アダプター付
  • ファインダー:コシナ 35mm View Finder M
  • ケース:Aki-asahi Custom Camera Covering GF1用革スナップケース(キャメル)
  • ストラップ:ユリシーズ CLASSICO PP(ブラウン)

※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 デジカメドレスアップでは、クラシックカメラ用のアクセサリーを多用する。膨大なフードやファインダーの中から、ベストマッチするアイテムを選び出す。この行為自体がホビーとしておもしろい。しかし、これからドレスアップをはじめる人にとって、いきなりクラカメショップに出向くのは敷居が高く感じられるだろう。そこで今回は、すぐに買える市販アイテムだけで、「LUMIX DMC-GF1」と「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」をドレスアップしてみよう。

 まずレンズフードはユーエヌ製の「ラバースクエアーフード(46o用)アダプター付」を選んでみた。46mm径ねじ込み式のフードで、LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.に直接装着できる。ユーエヌという会社はクラカメ向け汎用アクセサリーを数多く手がけており、クラカメファンの勘所をつかんだ物作りがうまい。ラバーフードは実用本位になりがちだが、曲線を活かした角型フードというこだわりを感じさせる造形だ。

 ファインダーはコシナ製が入手しやすい。ここではLUMIX G 20mm F1.7 ASPH.の35mm判換算40mmに合わせ、「35mm View Finder M」を装着している。金属ボディで重量感があり、明るく視認性のよいファインダーだ。レザーケースはカラバリの豊富なAki-asahi製から、キャメルと白ステッチの組み合わせを選んでみた。DMC−GF1は全5色のカラバリ展開を行なっているので、ケースもカラーを選べるとコーディネイトしやすい。

オーセンティックなDMC-GF1も、カメラアクセサリー次第でクラシカルな装いに変身できる Aki-asahi製ケースはフィット感がバツグンだ。白ステッチがよいアクセントになっている
40mmファインダーは選択肢が少ないので、ここでは35mmファインダーで代用している LVFが無理なく装着できるように、外部コネクター近辺のレザーはえぐりを設けている

 DMC-GF1はストラップの取り付け具が狭い。いわば「ストラップを選ぶボディ」だ。ユリシーズの「クラシコPP」はDMC-GF1用に設計されており、この狭い取り付け具にスルリと通せる。表革はダメージ加工を施したオイルレザーを使用し、ほどよいビンテージ感が特徴だ。また、金属を一切使用していないので、バッグなどに収容する際、ストラップでカメラを傷つける心配がない。カラバリは全6色で、ブラック、チョコレート、ブラウン、ヌメ、オリーブ、インディゴをラインナップしている。

フォクトレンダーブランドのファインダーは、現行製品なのにクラシカルな佇まいが特徴だ。価格は2万5,725円 パンケーキレンズのねじ切りに直接装着し、サイドのローレットでフードの向きを調整する。実勢価格2,980円前後
レザーとステッチの色が選択できる。これはキャメルとホワイトステッチの組み合わせだ。価格は8,800円 表と裏で異なる革を貼り合わせ、強度としなやかさの両立を狙う。コバの仕上げも美しい。税込み5,250円

 今度はこのドレスアップをベースに、クラカメアイテムでバリエーションを考えてみよう。フードはコニカ「M-ヘキサノン35mm F2」用の「LH-4」を装着し、ファインダーはコシナの「28/35mm mini Finder」を選んでみた。ともに生産終了品だが、クラカメショップやオークションサイトでたびたび見かける製品だ。厚みのあるフードでパンケーキレンズのずんぐりとした印象を強調し、ファインダーは逆に小型のものを選んでいる。ジャストサイズだけでなく、あえてアンバランスを狙ってみるのもドレスアップの楽しさだ。

クラカメアイテムはオンリーワンスタイルへの近道だ。自分だけのスタイルを目指すとき、クラカメアイテムをワンポイント的に加えると雰囲気が引き締まる
  • フード:コニカ LH-4
  • ファインダー:コシナ 28/35mm mini Finder
28/35mm mini Finderは28mmと35mmのブライトフレームを搭載。中古価格は2万円半ば程度 LH-4は35mmレンズ用なので、パンケーキレンズに付けてもケラレなしで撮影できる。中古相場は1万円程度
三穴スリットフードは、クラカメ風ドレスアップのマストアイテム的な存在といえる 28/35mm mini Finderはコシナがフォクトレンダーブランドで発売していた製品だ


(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2010/4/28 00:00