フォトアプリガイド

コラージュ・メーカー(Android)

多角形フレームも可能。機能豊富なフォトコラージュアプリ

今回紹介する「コラージュ・メーカー(PhotoFancie)」(以下、コラージュ・メーカー)は、任意の画像を使って手軽に合成画像を作成できるフォトコラージュアプリだ。

価格は無料。試用バージョンは4.4.9。

「コラージュ・メーカー」では、フレームを選んで画像をハメ込む「格状」と自由に配置できる「自由」という2つのモードが用意されている。どちらかをタップすると画像選択画面が表示される。

今回はまず、フレーム(格状)を利用してみた。画像を選択すると編集スタイルが「完全な機能」「素早く編集」という2つ表示される。要するに「詳細モード」と「簡易モード」のことだ。

「詳細モード」(完全な機能)では、ポイント機能など本アプリが持つ編集機能をすべて利用できる。

一方の「簡易モード」(素早く編集)では、利用できる機能に制限が設けられている。

通常、こうしたモードが用意された場合、簡易モードの方は機能が省略されたり、そもそものインタフェースに変化するのが一般的だろう。

ただし本アプリの場合、基本的には単純にアイコンが消えるだけのようだ。一部アイコンに違いがあるものの、例えば簡易モードの「シェープ」は詳細モードの「背景」の中に収録されているといった程度の変化となっている。

ここからは各機能の説明に入ろう。

「配列」で、フレームのレイアウトを選択。

「ポイント」を選ぶと、写真の大きさや形を変更できる。

「方向」では、写真の縦位置・横位置、そして縦横比を変更できる。「縦置き」、「正方形」、「横置き」が用意されている。

そのうち縦置きと横置きについては、アスペクト比を5種類から指定できる。

「交換」は、配置した画像の位置を変更する機能だ。直接変更したい画像をタップして交換できる。

「背景」では、枠の指定も可能だ。なお、本アプリには「プロ化」(アプリ内課金:2ドル)が用意されており、導入することで利用できる枠などが追加される。

起動画面で「自由」を選ぶと、読み込んだ画像が画面上の枠の中でバラバラに配置される。タッチ操作で場所を移動したり、ピンチイン・ピンチアウトでサイズを自由に調整できる。

なお、読み込まれた画像をロングタッチすると、編集メニューが表示される。

メニュー内の「美化」では、コントラストや輝度といった基本編集機能が利用できる。

「コラージュ・メーカー」は、無料ベースであるため広告が表示されるが、よくある“誤タッチ”を誘導すると錯覚するような酷い配置ではなく、ポジション的には許容範囲だと思う。実際使ってみても、誤タッチすることはなかった。翻訳がやや不慣れな印象を受けるが、どうしてもわからないような間違いもなく、利用する分には問題にならないだろう。

機能面ではエフェクトがないことが少々残念に思えた。一応編集メニューの「色度」を調整することで、風合いを(モノクロや色あせた感じにできる)変更できるが、例えば「セピア」や「VINTAGE」といった使いやすいものだけでも用意してほしいところだ。

アプリとしては「プロ化」しなくても十分に遊べるので、まずは素のままで試してみるのがよいだろう。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。