写真展

中西建太郎写真展「赤岩」 知床昆布番屋の夏〜漁師、家族、婆+わんこ〜

(ニコンサロン)

日本最東北端、北海道知床岬を少しばかり南へ回り込んだ場所に位置する『赤岩』。 手付かずの大自然に育まれたその北の海は、日本一の誉れ高き羅臼昆布の一大産地であり、夏の間、その入江は多くの昆布漁船で賑わいをみせる。

しかし、かつてこの地で数十軒を数えた昆布番屋も合理化という時代の流れの中で、今は最後の二軒二家族と伝説の一老婆を残すのみとなった。

道路をはじめ電気、ガス、水道などの公共のインフラが一切ない、地の果てを思わせる陸の孤島での番屋暮らしは過酷を極めるが、この地に最後まで踏みとどまった漁師とその家族、老女+わんこたちの胆力と、彼らが織り成す海辺の世界は、地の果てで人知れず坦々と繰り広げられるお伽話の挿絵さながらの風景であった。

これは、そんな風景たちを昆布番屋で働く人間の目線から作者が撮影した8回の夏の記録である。モノクロ約45点。

新宿ニコンサロン 2016年1月 − 写真展 − ニコンサロン|ニコンイメージング

会場・スケジュールなど

  • ・会場:新宿ニコンサロン
  • ・住所:東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー28階
  • ・会期:2016年1月19日火曜日〜2016年1月25日月曜日
  • ・時間:10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
  • ・休館:会期中無休
  • ・入場:無料

作者プロフィール

1971年京都府生まれ。1994年日本大学芸術学部写真学科卒業。93年「第8回コニカ画像科学振興財団奨学金」により「インド亜大陸」を制作。
94年「原発銀座若狭より」で金丸重嶺賞を受賞。以降はフリーで東南アジアを中心に活動する。96年「アジア淡々」が「ヤング・ポートフォリオ」(清里フォトアートミュージアム)に入選。2000年「アジア淡々」が同展入選。2015年世界旅写真展入選。