ニュース

キヤノン、質感を再現できるプリント技術を開発

デジカメで撮影し“質感情報”を数値化

質感画像処理技術のプリント例

キヤノンは9月8日、物体の“質感情報”をプリントで忠実に再現する「質感画像処理技術」を開発したと発表した。

同社製デジタルカメラを複数台用いて対象物を撮影することで、微細な凹凸や光沢などの質感情報を数値化。この情報を元に質感情報をプリンターの特性に応じて最適に制御し、オリジナルの質感を忠実に再現する。

プリンターには、紫外線を当てると瞬時にインクが硬化・定着するUVインクを採用した、UV硬化型プリンターなどを使用する。

金属や生地といった多様な質感のプリント表現が可能になるという。貴重な絵画の展示用複製品の制作なども想定している。

質感画像処理技術のプリント例。右がプリント、左が本物の金箔