ニュース

広瀬すずさんが富士フイルムの新型プリント受付機をアピール

ニセCM撮影で広瀬さんが“写プライズ”を受ける

Wonder Print Stationで作成したシャッフルプリント

富士フイルムは7月8日、新店頭プリント受付機「Wonder Print Station」を発表した。同日から一部の店舗で利用できる。

PHOTONEXT 2015で参考展示していた受付機で、従来よりも使い勝手を高めた。主にスマートフォンからのプリントに向けたものだが、デジタルカメラのSDカードなどカメラの記録メディアからプリントすることも可能。

Wonder Print Stationのスタート画面

Wonder Print Stationは、スマートフォンに慣れている世代が使いやすいようにマルチタッチ対応のUIを採用。タップやスワイプによる写真の編集が可能で、楽しみながら写真注文ができるとする。

スマートフォンの写真は、インストールした専用アプリからWi-Fi経由でWonder Print Stationに転送可能となっている。大量の画像から採用する写真を選びやすいように、独自の画像解析技術を使った「イメージオーガナイザー」を搭載。ピンぼけやブレなどの失敗写真を除くなど、「良い写真」を自動的に選んでくれるのも特徴。プリントはその場で受け取れる。

写真のデコレーション機能も強化した。オリジナルスタンプやフレームが加えられる他、画像の切り出しなどもすべてタッチ操作で行える。

シャッフルプリントを選んだところ
レイアウトの種類も従来より増えた
記録メディアの他、スマートフォンからも直接読み込める
写真の撮影された期間で選ぶこともできる
イメージオーガナイザーによって、自動的にレイアウトが行われる
写真の入れ替えなどもタッチ操作で簡単に行える
スタンプなども追加可能
仕上がりの確認画面
最後に別の種類のプリントも提案する

同社ではWonder Print Stationでプリントできる「シャッフルプリント」やフォトブック「イヤーブック」などを知人などにプレゼントして楽しむことを「写プライズ」と名付けて訴求する。

シャッフルプリント
イヤーアルバム
8月31日注文分まで20%OFFになるキャンペーンを実施

富士フイルム 宣伝部 部長の松本孝司氏は、「写プライズは、『写真と聞いて思い浮かべるのがLサイズプリント』というイメージを刷新するもの。写真を贈って相手を喜ばせるのは楽しいこと。より手軽に、楽しく、思い立ったときに作れる。そのベースがWonder Print Station」とアピールした。

スマホでの写真撮影が特に若い世代で増えている
スマホには平均400枚以上の写真が保存されている
同社直営の写真店での調査によると、プレゼント目的のプリントは7割近い
特に若い女性層で何らかのサプライズをしたいという割合が多いという

今回のプロモーションに合わせて、女優の広瀬すずさんが出演するTVCM「写プライズしよう。」を7月11日から全国で放映する。広瀬さんは写プライズのプロモーションキャラクターでもあり、チラシや店頭ポップなどにも登場する。

広瀬すずさん

新CMは、広瀬さんのモデル仲間2人が17歳の誕生日を迎える広瀬さんにシャッフルプリントをプレゼントするという内容。広瀬さんには内緒のニセCM撮影中に2人が現れて、写プライズする。

新CMの一部

同日都内で開催された発表会に登場した広瀬さんは、「CM撮影だと聞いていたのでその時はびっくりしましたが、世界に1つしか無いし、自分のためにと思うと嬉しかったです。自分もやってみたいとおもいました。地元の友達にはサインを入れてプレゼントしたいです」と気に入った様子。

白一色の夏らしい衣装で登場
「写真が好きで毎日撮っています。最近はモノクロで撮るのがマイブームで、昭和っぽく撮るのにはまっているんです。自分の脚を撮るのが結構多いですね」(広瀬さん)
「他の共演者が楽しそうにしているところを隠し撮りすることもよくあります。素のままに撮れるのがおもしろいです」(広瀬さん)
広瀬さんは、“写プライズ”は流行語を狙えますか? の質問に元気よく「はい!」と答えた

広瀬さんは最後に、「私は写真を撮る量が異常に多いので、自動で選んでくれるのは助かります。大切な人への恩返しとして必ず喜んでもらえると思うので(皆さんも)写プライズを仕掛けて欲しいです」と結んだ。

広瀬さんが登場する店頭ポップも
人が近づくとしゃべる等身大パネルも登場する