ニュース

スリック、フリクション調整付きの自由雲台

水平パン機構も 固定力も強化

PBH-425

スリックは、新型自由雲台の「PBH-425」と「PBH-525」を発売した。価格は、PBH-425が税別1万5,800円。PBH-525は税別1万7,200円となる。

共通の仕様として、装着したカメラの操作感を向上させる「ラチェット機構」、「ボールフリクション調整機構」、「水平パン独立回転機構」という3つの機構を搭載。

ラチェット機構は、ボールロックノブを外側に引っぱって回すことで、ロックノブの向きを調整でき、使用しやすい位置に微調整できる。

ボールフリクション調整機構は、ボールロックをゆるめた時の動きの重さを変えられ、カメラを動かす際の力加減を操作・調整しやすいという特徴がある。

水平パン独立回転機構は、ボールロックによりカメラの角度などを固定した後でも、水平方向を独立して回転させられる機構。

また、ダブルネジアダプターを付属し、U1/4ネジ(小ネジ)とU3/8ネジ(大ネジ)の両方に対応する。

PBH-425は、脚部重量840g以上、パイプ径20〜28mmの小・中型の三脚を対象とした自由雲台。

高さは95mm、重量は420g。最大搭載荷重は4kg。カメラ台サイズは縦37×70mm。ベース部直径は50mm。

PBH-525は、脚部重量1,040g以上、パイプ径26〜32mmの中・大型の三脚を対象とした自由雲台。

高さは103mm、重量は520g。最大搭載荷重は6kg。カメラ台サイズは縦37×70mm。ベース部直径は56mm。

PBH-525

飯塚直