ニュース

Mac OS Xに「写真」アプリが追加

編集機能がiOS版より充実

アップルは4月8日、Mac OS X Yosemiteの「OS Xアップデート10.10.3」を提供開始した。以前から予告されていた「写真」アプリが追加されている。

写真管理と簡易編集が行なえるソフトウェア。ユーザーインターフェースにiOSの「写真」アプリと共通性を持たせている。アップルのクラウドサービス「iCloudフォトライブラリ」との連携機能も特徴。

すでにiPhotoやApertureで作成したライブラリを読み込むことができる。

「モーメント」の画面。撮影日時と位置情報で自動的に振り分けられる
GPSデータをもとに、撮影画像が地図上に並んだ画面

搭載する編集機能は、iOSの写真アプリに近いシンプルなもの。ただしMac版にはiOS版にない「レタッチ」(スポット修正)機能が追加され、「調整」タブの明るさや色味に関する調整項目も数が増えている。そのほか「ビネット」など、項目自体が新たに加わっているものも見られる。

編集画面。iOS用より充実している