ニュース

EIZO、ベゼル幅1mmの狭額縁ディスプレイ

継ぎ目の細いマルチディスプレイ環境が可能

 EIZOは、液晶ディスプレイ「FlexScan EV2455」(24.1型)と「FlexScan EV2450」(23.8型)を9月19日に発売する。直販価格はそれぞれ税込6万2,640円、同4万1,040円。

FlexScan EV2455
FlexScan EV2450

 ハードウェアキャリブレーション非対応のFlexScanシリーズの製品。ともにIPSパネル(ノングレア)を採用する。

 画面端の非表示エリアを6.2mm(EV2450は5.3mm)と狭くし、ベゼル幅も1mmに抑えた。マルチディスプレイ環境でディスプレイ同士を従来よりも近づけて設置できる。

 別売のアームを使用すれば180度回転させた状態でも使用可能。上下に2枚を並べる環境において上側のディスプレイを180度回転させることでディスプレイ間隔を従来よりも狭めることが可能となる。

 また、マルチディスプレイ環境では1台のディスプレイの設定値をすべてのディスプレイに反映させることもできる。

 ともにブルーライトを70%カットするほか、画面のちらつきを同一カテゴリーの他社製品と比べ平均74%カットしたという。

 FlexScan EV2455は、解像度1,920×1,200ドット(WUXGA)、視野角178度(水平/垂直)、コントラスト比は1,000:1。外形寸法は530.8×357.2〜488.2×233mm、重量は約6.5kg。

 FlexScan EV2450は、解像度1,920×1,080ドット(フルHD)、視野角178度(水平/垂直)、コントラスト比は1,000:1。外形寸法は537.6×333.5〜473.5×233mm、重量は約6.2kg。

 いずれも入力端子は、DVI-D 24ピン、DisplayPort、HDMI、D-Sub15ピンが1つずつ。

 両モデルともカラーはブラックとセレーングレイを用意する。なお、EV2455のみホワイトモデルを直販(EIZOダイレクト)限定で発売する。

EV2455のホワイトモデル