ニュース

ニコン「Df」の名入れサービスが再開

10月31日までの期間限定

 ニコンイメージングジャパンは6月10日、デジタル一眼レフカメラ「Df」の名入れサービスを再開した。10月31日までの期間限定で受け付ける。

 名入れサービスは、Dfのサブコマンドダイヤルにオーナーの名前を刻印したプレートを装着するサービス。料金は税別4,000円。サービス窓口またはWebから申し込む(送付する場合は10月31日の消印有効)。

 Dfの名入れサービスは当初、2013年11月の発売から2014年1月31日までの予定で実施していたが、好評のため2014年3月16日まで延長していた。

 今回も、「好評のため」(同社)名入れサービスの再開を決めた。

 Dfは、同社フラッグシップ機だった「D4」と同じイメージセンサーと画像処理エンジンを採用し、外観に往年のニコンカメラのモチーフを取り入れたデジタル一眼レフカメラ。ボディのみの実勢価格は税込28万2,730円前後。