ニュース

Polaroidの“Androidミラーレス”に販売差止要求
Nikon 1のデザイン特許侵害で

 株式会社ニコンおよび米Nikon Inc.は11日、米国Sakar International, Inc.(Sakar社)に対するデザイン特許権等侵害訴訟をニューヨーク州南部連邦地方裁判所に提起した。Sakar社によるPolaroidブランドのデジタルカメラ「Polaroid iM1836」の製造販売差止を求める。訴訟について15日に株式会社ニコンがプレスリリースで発表した。

Polaroid iM1836(2013 International CESに展示していたコンセプトモデル。編集部撮影)
【参考】Nikon 1シリーズのデジタルカメラ(写真はNikon 1 J1)

 該当するデザイン特許は、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」のデザインに該当するもの。ニコンでは「今回の件につきましては、かねてより交渉による解決を図るべくSakar社と協議を行ってまいりましたが、残念ながら解決するに至らず、やむを得ず訴訟を提起することといたしました」としている。

 ニコン広報・IR部によると、該当する特許番号はD682,906 S。デジタルカメラのデザインに関するもので、同社は具体的な対象機種を明らかにしていないが、図版からの推測ではNikon 1 Jシリーズに関するものと思われる。

 iM1836は、Polaroidが2013 International CESにコンセプトモデルとして出品したデジタルカメラ。当時世界初のAndroid OS搭載レンズ交換式デジカメを謳っており、1型1,810万画素の撮像素子やWi-Fi機能を搭載するとしていた。