【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

富士フイルム、「ネオパンSS」「ダークレス現像器キット」「レンブラントV」の生産を終了

〜黒白用薬品は3割値上げ

 富士フイルムは13日、「ネオパンSS」など一部黒白感材の生産を終了すると発表した。また、黒白写真処理薬品の全品種について2012年9月から3割程度の値上げを実施する。

生産を終了することが決まった「ネオパンSS」(24枚撮り)

 生産を終了するのは以下の製品。在庫が無くなり次第販売を終了する。

ネオパンSS(35mm判、24枚撮り単品)

 出荷終了は2012年12月の見込み。36枚撮りはすでに終了しており、同銘柄はすべて終了する。

 代替品として「ネオパン100 ACROS」(36枚撮り、単品)を推奨している。

 ネオパンSSは、同社が1952年にロールフィルムとして発売した銘柄。翌年に35mm判タイプを発売している。

ダークレス

 出荷終了は2013年3月の見込み。ダークレスは、暗室不要でネオパンSSを自家現像できるシステム。

 「ダークレス現像器キット」と「ダークレス現像薬品キット」からなるが、いずれもネオパンSSの生産終了に伴って、終了する。

 同社では、ダークレスの代替品は無くネオパンSSの現像については写真店などに依頼して欲しいとしている。

フジブロマイド レンブラントV G2

 出荷終了は2012年9月の見込み。レンブラントVは黒白のバライタ印画紙。

 F2号、F3号、G3号はいずれも終了しており、唯一残っていたG2号の生産終了が決まった。ロール品を含む全サイズが含まれる。

 バライタ紙としての代替品は同社にはなく、「フジブロバリグレードWP」(多階調印画紙)を代替品に挙げている。

【2012年7月17日】「ネオパンSS」の画像を追加しました。





(本誌:武石修)

2012/7/13 19:14