【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

リコー、「GR DIGITAL IV」機能拡張ファームウェア第1弾を27日に公開


 リコーは23日、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL IV」の機能拡張ファームウェア第1弾を27日にリリースすると発表した。機能拡張の内容も予告している。

GR DIGITAL IV GR DIGITAL IVホワイトエディション

 更新内容は次の通り。

  • 著作権情報入力機能追加
  • AE高速化
  • ADJ.レバー、Fnボタンへの「スナップ時フォーカス距離」登録機能追加
  • インターバル合成機能の撮影情報表示機能追加
  • インターバル合成モード時、黒浮き補正機能追加

 著作権情報入力機能追加は、撮影画像のExifに46文字までの半角英数を記録するもの。再生画面の詳細情報表示で確認できるという。

 ADJ.レバー、Fnボタンへの「スナップ時フォーカス距離」登録機能追加は、フルプレススナップのフォーカス距離をメニュー画面に入らず設定できるようになるという機能。

 インターバル合成機能の撮影情報表示機能追加は、同モードでの撮影開始から終了までの時間と合成画像枚数を、再生画面の詳細情報表示で確認できるようになる機能。

 インターバル合成モード時の黒浮き補正機能追加は、撮影設定メニューに「黒浮き補正」(デフォルトはON)が加わり、高感度ノイズを低減するという。

 同社はこれまでの製品においても機能拡張ファームウェアを発売後にリリースしており、前モデルのGR DIGITAL IIIでは第5弾まで提供されている。




(本誌:鈴木誠)

2012/2/23 13:39