【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

キヤノン、“原点を受け継ぐ”「IXY 1」「IXY 3」。無線LAN機能搭載モデルも


 キヤノンは、無線LAN機能を内蔵したレンズ一体型デジタルカメラ「IXY 1」を3月上旬に発売する。価格はオープン。直販サイトの販売価格は3万9,980円。本体色はホワイトとブラック。

IXY 1(ホワイト) IXY 1(ブラック)

 IXY 1の兄弟機「IXY 3」も2月下旬に発売。価格はオープン直販サイトの販売価格は3万4,980円。本体色はシルバー、レッド、ブルー。

IXY 3(シルバー) IXY 3(レッド) IXY 3(ブルー)

 ともに、「IXYの原点を受け継ぐ」というボックス&サークルデザインを採用。端正なスタイルと凝縮感を併せ持つ。

 IXY 1とIXY 3の違いは、IXY 1のみ無線LANとタッチパネルを採用すること。IXY 3は無線LAN非搭載で、一般的なボタン操作となっている。

 表面処理も異なっている。特にIXY 3はこだわりは群を抜いており、フロントおよびリアのアルミ外装にアルマイト染色を行ない、さらに旭光を出すためのスピンカットを施した。カラークリアの吹き付けも3方向から手作業で行なっているという。


専用アプリによるスマートフォン連携も

 IXY 1のみ利用できる無線LAN機能は、アドホック接続、またはアクセスポイント経由で、スマートフォン、無線LANルーター、モバイルルーター、カメラ同士での接続に対応。規格としてはIEEE802.11b/g/nに対応する。

 例えばIXY 1からスマートフォンへの画像転送は、背面液晶モニターのスマートフォンアイコンをタップして、カメラとスマートフォンを接続。画像を選んで転送するという流れ。逆にスマートフォンからカメラ内の画像を確認し、スマートフォンへの保存、Facebookeへの投稿、メール送信も行なえる。動画の場合はYoutubeへの送信も可能。

 スマートフォンからの操作は、専用のアプリを使って行なう。まずはIXY 1およびIXY 420Fの発売にあわせ、iOS用アプリがリリース。対応ハードはiPhone 4、iPhone 4S、iPad、iPad 2、iPod touch第4世代。対応OSはiOS 4.3以上。続いて4月末頃にAndroidアプリのリリースを予定しているという。インフラストラクチャモードのみの対応になる見込み。Android版は、仕様上動画を転送できない。

IXY 1(ホワイト) IXY 1(ホワイト)
IXY 1(ホワイト) IXY 1(ホワイト)

IXY 1(ブラック) IXY 1(ブラック)
IXY 1(ブラック) IXY 1(ブラック)

 また、ルーターやモバイルルーターを介して、オンラインアルバム「キヤノンイメージゲートウェイ」に保存する機能も利用できる。保存されたデータは、FacebookやTwitterへのリンクが可能。

 カメラ同士での画像転送も可能で、IXY 1の他、同時発表のIXY 420Fとの送受信が行なえる。

 また、IXY 1はタッチパネル式の3型液晶モニターを搭載。アスペクト比は16:9で、ドット数は約46万。

 IXY 3は3型約46万ドットの液晶モニターを採用する。タッチパネルは非搭載。その代わり背面右手側に操作ボタン類が設けられている。また、IXY 3のみ防水ハウジングが用意される。

IXY 3(シルバー) IXY 3(シルバー)
IXY 3(シルバー) IXY 3(シルバー)
IXY 3(レッド) IXY 3(レッド)
IXY 3(レッド) IXY 3(レッド)
IXY 3(ブルー) IXY 3(ブルー)
IXY 3(ブルー) IXY 3(ブルー)

新たに個人認証を搭載。記録メディアはmicroSD

 無線LAN機能とタッチパネルを除いた仕様は、IXY 1とIXY 3で共通。

 撮像素子は1/2.3型裏面照射型の有効約1,010万画素CMOSセンサー。最高感度はISO3200。ローライトモード時にISO6400まで増感する。

 画像処理エンジンは最新のDIGIC5。ノイズリダクション性能が向上したという。58シーンのこだわりオートも利用できる。

 今季からの新機能としては、個人認識対応の顔認識機能を搭載。年齢を登録しておくことで、年齢の若い個人を優先してピントを合わせる。さらに0〜2歳未満の赤ちゃんならさわやかで清々しい写真に、2〜12歳以下なら3枚連続記録行なうなど、カメラが適した処理を判別するという。

また、カメラが笑顔を自動で検出し、3枚連続で撮影する「笑顔検出」や、寝顔を検出するとストロボ非発光、AF補助高オフ、合焦音・シャッター音オフ、3枚連写合成になる「寝顔検出」が作動する。

 レンズは光学12倍ズーム。画角は35mm判換算での焦点距離で28-336mm相当。開放F値はF3.4-5.6。手ブレ補正機構も備えている。デジタルズームに代わり、画像処理で高画質化したという「プログレッシブファインズーム」も搭載している。IXY 1およびIXY 3の場合、21倍相当まで解像感を保つとしている。

 デジタルカメラとしては珍しく、記録メディアにmicroSDメモリーカードを採用する。


主な仕様

製品名 IXY 1 IXY 3
撮像素子 1/2.3型有効約1,010万画素裏面照射型CMOSセンサー
レンズ 焦点距離28-336mm相当(35mm判換算)F3.4-5.6
最短撮影距離 1cm
手ブレ補正 光学式
感度 ISO100-3200(ローライトモード時ISO6400)
測光方式 評価、中央部重点、スポット
シャッター速度 15-1/4,000秒(全撮影モードあわせて)
液晶モニター 3.2型約46.1万ドット 3型約46.1万ドット
タッチパネル
記録メディア microSDXC/SDHC/SDメモリーカード
動画記録 H.264(最高1,920×1,080/24fps)など
バッテリー NB-9L
外形寸法 85.8×53.5×19.8mm 87.1×53.9×19.2mm
質量 約163g 約155g

【2012年2月17日】記事初出時、「IXY 1でAndroid端末に動画を転送できる」と記載しておりましたが、実際には転送できません。

※質量はバッテリー、メモリーカード含む




(本誌:折本幸治)

2012/2/7 14:30