【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

パイオニア、生産合弁会社を亜洲光学と設立。デジタルカメラ生産事業も


 パイオニア株式会社は1日、亜洲光学グループと生産合弁会社をブラジルに設立することで合意したと発表した。事業内容にはデジタルカメラ生産事業も含まれている。

 2011年9月をめどにブラジルのマナウス市(パイオニア ヨーキ ド ブラジル内)に合弁会社を設立。2011年末からデジタルカメラの生産を開始する。2012年前半には工場新棟の建設も予定。2015年に150億円の売上を目指すという。

 新会社の名称はパイオニア ヨーキ ド ブラジル。資本金は5,000万レアル。出資比率は、パイオニア ド ブラジルが51%、亜洲光学グループ49%。

 事業内容は、機構部品生産・販売事業、EMS製造請負事業、デジタルカメラ生産事業。

 亜洲光学は、光学部品事業、レーザー事業、事務機事業、精密加工業などを展開する台湾の企業グループ。デジタルカメラのOEM生産でも知られる。



(本誌:折本幸治)

2011/8/1 18:54