【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

ペンタックス、「PENTAX Q」の体験イベントを開催

〜女性の来場者も多く体験コーナーには行列。10日も実施

 ペンタックスは、レンズ交換式デジタルカメラ「PENTAX Q」の体験イベントを9日に開幕した。会場は、新宿高島屋 1階JR口特設会場(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2)。9日は19時まで実施する。また、最終日となる10日の開催時間は10時〜17時。入場は無料。ここでは会場の模様をお伝えする。

会場の入口

 これまで“近日発売”としていたPENTAX Qだが、イベントの当日に発売日を8月31日(一部レンズなどを除く)と発表。会場には、世界最小というレンズ交換式デジタルカメラを一目見ようと多くの人が詰めかけた。

 初日のオープンは12時だったが、その前から入場の列ができるという人気ぶり。実機はペンタックスフォーラムにも展示されていたが、それ以外では初めてのお披露目となる。ペンタックスの一眼レフカメラを提げたユーザーも目に付く一方、若い女性やカップルも多く見かけた。また場所柄か小さな子どもを連れたファミリーの姿もあった。

PENTAX Qは、世界最小最軽量のレンズ交換式デジタルカメラを謳う。装着レンズは「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」

女性も多く来場。説明コーナーには長い列

 実機の体験は「フリー体験コーナー」と「商品説明コーナー」の2カ所を用意。いずれも量産試作のボディで操作を試すことができる。ファームウェアが最終ではないため、撮影データの持ち帰りはできない。

 フリー体験コーナーでは、テーブルにあるPENTAX Qを自由に体験できる。特に説明員は付かないが、気軽にPENTAX Qに触れることができる。テーブルの上にはカラフルな被写体が用意してあり、撮影を試せる。

気軽に手にとって操作できる「フリー体験コーナー」 実機のあるテーブルを囲むように来場者が詰めかけた
若い女性の来場者も多い

 一方商品説明コーナーは、説明員からマンツーマンでPENTAX Qの機能などについて説明を受けることができる。こちらもかなりの人気で、オープンしてすぐに長蛇の列ができた。このコーナーでは、全てのレンズを試すことができる。熱心に質問したり、PENTAX Qの外観を写真に収める来場者も多いという。なかには、自分の「Auto110」を持参して、並べて撮影する人もいたそうだ。このコーナーは時間を区切って案内するチケット制のため、希望者はまずチケットを受け取ること。

「商品説明コーナー」。開場直後にもかかわらず長い行列ができていた
商品説明コーナーでは、説明員から詳しい話を聞きながら操作を試せる レンズやアクセサリーなどのシステム展示も

 会場の壁には、テラウチマサト氏らのPENTAX Qによる撮り下ろし作品を展示。多くの来場者が見入っていた。

ギャラリーでは「スマートエフェクト」などを使った作例も多数展示していた 会場中央では、1時間おきにPENTAX Qの機能説明などを行なっている

PENTAX-02レンズのみ発売が遅いのは、「むしろボディを前倒ししため」

 なお、ズームレンズの「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」およびそれを含む「PENTAX Qダブルレンズキット」の発売が9月中旬とレンズキットに比べて遅いのは、当初、全ての製品で9月の発売を予定していたが、ボディなどの発売を前倒しした結果だという。

 「PENTAX-02 STANDARD ZOOMは、特殊低分散非球面レンズや異常低分散非球面レンズなどの特殊レンズを使って性能を追求したレンズ。高性能なぶん作るのが難しく、このレンズは元のスケジュールから動かせなかった。PENTAX Qは今までにない領域の新しい製品。それだけに、ボディなどは早く出してユーザーの反応を見たかった」(HOYA PENTAXイメージング・システム事業部商品企画グループマネジャーの川内拓氏)。

 また川内氏は、「この3年間、コレジャナイロボモデルや100色展開などユニークな製品を出してきたが、PENTAX Qはその集大成」だとした。

PENTAX-02 STANDARD ZOOMなどを除く発売日は8月31日に決定した 予約特典としてロゴ入りラッピングクロスをプレゼントする

 PENTAX Qのセンサーサイズについては、「一番進んでいる1/2.3型を採用した」(川内氏)。Qマウントは1/2.3型よりも大きなセンサーにも対応できるのか? との質問には、「それは何ともお答えできない。『Q』には“クエスチョン”の意味もあって、謎が多いカメラですから(笑)」(川内氏)と回答。1/2.3型系列であれば、大きさに若干の余裕は持っているとのこと。

 ただ、「1/1.7型になると、試してみなければわからない」(川内氏)という。なおQマウントの規格開示に関しては、「Qマウントは独自の規格で、今のところ開示する予定はない」と改めて話した。

会場でアンケートに答えるとPENTAX Qの液晶クリーナーがもらえる(無くなり次第終了)
会場入り口ではPENTAX Qの原寸大パンフレットを配布している



(本誌:武石修)

2011/7/9 15:51