【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

シャープ、モバイル機器向けの3Dカメラモジュールを開発


3Dカメラモジュール

 シャープは12日、720p記録に対応したモバイル機器向け3Dカメラモジュールの開発を発表した。7月にサンプル出荷、2010年度中に量産開始を予定。モバイル機器向けのカメラモジュールにおいて、HD記録への対応は業界初としている。

 3D映像は、右目と左目の映像を2台のカメラで同時に撮影し、1つの映像に合成する必要がある。その際、色調整や位置ズレ補正などを2台のカメラ間で行なう周辺回路が必要となり、小型軽量化や開発の短縮が求めらている。

 シャープが開発した3Dカメラモジュールは、デジタルカメラ、携帯電話、スマートフォンなどモバイル機器への搭載を想定。左右2つのカメラが出力する信号に対し、色調整などを行なう「カラーシンクロ処理」、映像信号のタイミングを同期化する「タイミングシンクロ処理」、位置ズレを調整する「光軸調整処理」を搭載。カメラモジュールの開発で得た実装技術により、コンパクトな形状を実現したという。

 カラーシンクロでは、露出・色合い・フォーカスなどについて、左右のカメラからの適正値を決定。タイミングシンクロには、監視カメラの信号処理LSIが実装する同期化処理を利用した。光軸調整には、車載カメラ用信号処理LSIのキャリブレーション技術を応用している。

 また、高速読み出し技術により、ハイビジョンモードによる立体映像の撮影を可能とした。民生向け機器における3D映像の1,280×720ピクセル記録は業界初となる。


(本誌:折本幸治)

2010/5/12 14:12