【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ニコン、定価105万円の「AF-S NIKKOR 200-400mm F4 G ED VR II」


 ニコンは、ズーム全域F4の超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-400mm F4 G ED VR II」を5月28日に発売する。価格は105万円。

AF-S NIKKOR 200-400mm F4 G ED VR II

 既存の「AF-S VR Zoom Nikkor ED 200-400mm F4 G(IF)」を進化させ、さらなる高機能と高性能を追求したという交換レンズ。現行AFズームニッコールレンズの中で最も高価な製品になる。従来品と同様、35mm判とほぼ同等のイメージサークルを持つFXフォーマットに対応する。

 主な強化点は、手ブレ補正機構「VR」が「VR II」に変更したこと。補正効果がシャッター速度約3段分から約4段分になったという。また、ゴーストやフレアに高い低減効果を発揮するというナノクリスタルコートも新規に採用した。

 レンズ構成は、EDレンズ4枚を含む17群24枚。加えて着脱可能な保護ガラス1枚を備える。

 最短撮影距離は2m(MF時1.95m)。最大撮影倍率は0.27倍(MF時0.28倍)。9枚羽根の円形絞りを採用する。

 AFモードには、M/A(マニュアル優先オートフォーカス)、M(マニュアル)に加え、不用意なオートからマニュアルへの切り換わりを防止するというA/M(オートフォーカス優先)モードを追加した。

 組み込み式のフィルターホルダーを装備。フィルターサイズは52mm。レンズキャップはかぶせ式。保護ガラス用のケースも付属する。

 本体サイズは約124×365.5mm、重量は約3,360g(いずれも保護ガラス取り付け時)。


(本誌:折本幸治)

2010/4/27 14:16