使いやすさ抜群!考え抜かれたカメラバッグ

せっかくのマイカメラ、やはりきちんとしたカメラバッグに入れて持ち歩きたいものですが、「いかにもカメラバッグ」というような、ものものしいデザインが苦手な方も少なくないのはず。

ご紹介するカメラバックは、Photo Mオリジナルブランド「Parcferme」カメラバッグ第二弾。丈夫な8号帆布を使用した、ボディバッグ、ショルダーバッグ、ヒップバッグとして使える、ミラーレスカメラ用の3wayバッグです。

カラーバリエーションは、サンドアイボリーとフォレストグリーンの2色。機能性はもちろん、アウトドアから普段のコーディネートにまで合わせやすいデザイン性も、兼ね備えています。

サンドアイボリー
フォレストグリーン

ミラーレスカメラなら標準ズームレンズ付きのカメラ+交換レンズ2本が余裕で収納可能です。

キヤノンEOS Kissクラスの小型一眼レフなら、標準ズーム付き本体+交換レンズ1本。
また、標準ズームレンズ付きのEOS 7D Mark IIやEOS 5D Mark III、ニコンD610、D810などや、グリップ無しのフルサイズ機も入ります。

ミラーレスカメラの収納例
小型一眼レフカメラの収納例
大きめ一眼レフカメラの収納例

着用例。パッと見ただけではカメラバックと気づきません。コンパクトで邪魔にならず、両手が使えるのも良いですね。

ボディバッグ仕様
ショルダーバッグ仕様
ヒップバッグ仕様

底面緩衝材は前面に折り畳むことができ、サイドの脱落防止ベルトと併用でバッグのマチを薄くすぼめることで、日常使いのボディバッグにもなります。

また、機能面では、カメラ以外も入る、高い収納力が魅力。大きめのサブポケットに、パスケースや330mlペットボトルがちょうど入るポケットがあります。タブレット用のコンパートメントもあり、iPad miniなどの7インチタブレットの収納が可能です。

バッグのインナーはカメラ機材がはっきりと見える、ダッチオレンジの420デーニルナイロン。こだわりが見られます。

ベルト接続部は人間工学に準拠した角度設定により、体にフィットし、かつ、カメラ機材の出し入れも容易です。

ボディ・ヒップバッグストラップは、幅広タイプを採用することで肩への負担を軽減してくれます。また、ロック式バックルつきなので、着脱も簡単です。

付属品の簡易レインカバー。急な雨でもバッグを守ってくれます。

本体サイズは、外寸、幅約31cm×高さ約18cm×奥行き13.5cm。内寸、幅約26cm×高さ約15.5cm×奥行き約10.5cm。重量約600g。

価格は、6,980円(税込み)です。

(2014/11/27)