デジカメ Watch
最新ニュース

リコー Caplio GX100【第7回】
日本の生風景

Reported by ケニー・オブライエン


 GX100はGR DIGITALと同様に、RAW(DNG)とJPEGの同時保存ができる。私はRAWでの撮影は積極的にはやらないが、実装されている機能を試さない手はない。九州に出かけた折りに撮ってみた。撮影地は大分県の「安心院(あじむ)」だ。

 私はGX100のモードダイヤルの「MY1」にRAWとJPEGの同時保存を登録しておいたので、ほとんどをこれで撮っていた。撮影してSDメモリーカードへの保存が完了するまで、6〜8秒かかる。GR DIGITALでは10秒以上かかっていたので、体感的には半分くらいになった。連写には向かないが、風景などをじっくりゆっくり撮るにはいいかもしれない。

 RAWで撮ったら現像だ。GX100には、Windowsで動作する画像・ビデオビューワー&エディターソフト「Irodio Photo & Video Studio」が同梱されており、これを使ってDNGファイルの現像が可能になっている。今回は「Irodio Photo & Video Studio」と「SILKYPIX Developer Studio 3.0」、さらに正式対応ではないが「Adobe Photoshop Lightroom」の3種類のソフトでDNGファイルを現像してみた。


Irodio Photo & Video Studio
ホワイトバランスのほか、シャープネスやトーンカーブを調整することもできる

 GX100の同梱ソフトということで、「Irodio Photo & Video Studio」では起動直後の設定のまま現像し、JPEGで保存。ほかのふたつのソフトもほぼデフォルトの設定にした。

 私がいちばん興味を持っていたのは、カメラ側で現像されたJPEGのノイズを、同時保存のDNGファイルを現像することでどのくらい除去できるかだ。結果として私の好みに最も合うのは「SILKYPIX Developer Studio 3.0」だった。「Irodio Photo & Video Studio」は、カットによってはシャドー部分の粒状感が増加したように思える。

※すべてAWB、ISO80、絞り優先AE、露出補正なしで撮影しています。
※データはシャッター速度/絞り/実焦点距離です。
※サムネールをクリックすると、等倍の画像を別ウィンドウで開きます。


作例1

現像した画像を拡大表示してスクリーンキャプチャした。左からIrodio、SILKYPIX、Lightroom
1/64秒 / F5.1 / 5.1mm
※現像前のDNGファイルはこちら(14,792KB)
gx100_01.dng


カメラ内で生成されたJPEG
Irodioで現像

Lightroomで現像
SILKYPIXで現像

作例2

現像した画像を拡大表示してスクリーンキャプチャした。左からIrodio、SILKYPIX、Lightroom
1/164秒 / F5.1 / 5.1mm
※現像前のDNGファイルはこちら(14,792KB)
gx100_02.dng


カメラ内で生成されたJPEG
Irodioで現像

Lightroomで現像
SILKYPIXで現像

作例3

現像した画像を拡大表示してスクリーンキャプチャした。左からIrodio、SILKYPIX、Lightroom
1/203秒 / F5.1 / 5.1mm
※現像前のDNGファイルはこちら(14,792KB)
gx100_03.dng


カメラ内で生成されたJPEG
Irodioで現像

Lightroomで現像
SILKYPIXで現像

 安心院は、現在は宇佐市と合併している。私は日本の地名の読みは、世界一むずかしいと思っている。漢字が読めても安心院が「あじむ」と読めるだろうか。近くには有名な「由布院」がある。こっちはわりと順当な読みだろうが、安心院は「院」の字を「む」と読ませるとは。

 地名の読みが世界で二番めにむずかしいのはアメリカだと思う。英語は綴りと発音にズレがあることが多い。さらにネイティブ・アメリカン語源のもの、各移民が持ち込んだもの、それらがアメリカ風に変化したもの。これらが混在しているからだ。Sioux FallsやSault Ste. Marieなどはアメリカ人でも発音できない人が多い。

 安心院で撮りたかったのは、「鏝絵(こてえ)」と呼ばれるもので、漆喰による立体的な絵だ。鏝絵は安心院にだけあるわけではなく、伊豆の松崎をはじめ、あちこちに点在している。今回は大分市に泊まったので、安心院に寄ってみようと思ったのだ。

 とはいっても安心院へのアクセスは、中津駅から2時間に1便程度のバスだ。ほとんど乗客がいないバスに揺られ、のどかな盆地状の安心院に到着した。鏝絵はバスターミナルから数分のところに集中しているので、ゆっくり見てまわっても1時間程度だろうか。

 安心院の鏝絵は、2階部分にあることが多く、ふだんあまり使わないズームが活躍した。天気は明るい曇りで空がかなり白トビを起こしてしまったが、強い影が出なかったので鏝絵を撮るにはよかったのではないだろうか。

 結局安心院では鏝絵をRAWで撮ることに熱中してしまい、スクエア・フォーマットではほとんど撮らなかった。ということで、最終回に正方形での作例をまとめて掲載したいと思う。


1/104秒 / F7 / 10.5mm
1/111秒 / F5.8 / 7.3mm

1/153秒 / F5.1 / 5.1mm
1/233秒 / F5.8 / 7.3mm


URL
  リコー
  http://www.ricoh.co.jp/
  製品情報
  http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/gx100/
  GX100長期レポートバックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/static/backno/longterm2007.htm#gx100

関連記事
【新製品レビュー】リコー Caplio GX100(2007/05/08)
写真で見る リコー「Caplio GX100」(2007/04/12)


( ケニー・オブライエン )
2007/06/29 00:25
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.