EOS 6Dとの組み合わせでは、ボディ側よりもレンズ側のほうが重くなるが、左手の上に載せるようにして構えると安定する

EOS 6Dとの組み合わせでは、ボディ側よりもレンズ側のほうが重くなるが、左手の上に載せるようにして構えると安定する