【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
 
1月号【渕脇レイナ + ソニーα55】2週目
〜久々のEVFでの撮影は!?


 2週目カメラの設定、上ブロックはISO400、絞りはF2.8、シャッタースピードが1/125秒。レンズは「28-75mm F2.8 SAM」(SAL2875)。焦点距離は左上が35mm、右上が30mm、中央が28mm、左下が28mm、右下が30mm。下ブロックはISO100、絞りF4、シャッタースピードは1/160秒。純正ストロボ「HVL-F58AM」を使用している。レンズは、28-75mm F2.8 SAM。焦点距離は左上が50mm、右上が35mm、中央が30mm、左下が40mm、右下が40mm。

 久々のEVFでの撮影は、やはり慣れるまで少し時間が必要だった。特に今回、上ブロックの私服がこの日の撮り始めで、写真では明るく写っているものの、実際は結構暗く、この手のシーンは光学ファインダーの方が見やすいと個人的には思う。

 とはいえ、慣れてしまえば、デジタル水準器表示や明るさはもちろん、クリエイティブスタイルがそのまま反映され、各種インジケータやグリッドラインの表示など、EVFならではのメリットがある。これはライブビューを見ながらの撮影にも当てはまることで、単に光学ファインダーを長年使っていたから、違和感を感じるだけなのだろう。日頃使っていればそれが普通になるし、最近のEVFはかなり見やすくなっているのも事実だ。

 フォーカスは、「ワイド」、「中央に固定」、「ローカル(15点より選択)」を選ぶことができ、今回はすべて中央に固定で撮影している。基本的にファインダーがEVFなので、信用してシャッターを切っているが、特に上ブロックはF2.8と言うこともあり、中央でフォーカスロックしてから構図を決めるとピントが甘くなってしまった。

 バッテリーはかなり小型。どの程度の枚数が撮れるのかなと思っていたが、予備で3つあったこともあり、心配はしていなかった。結果的に約500枚撮っても大丈夫。仕様上は330〜380枚となっているが、筆者の場合、ほとんどの機能を使わないため、省エネ撮影となり、枚数が伸びている。

 ストロボ「HVL-F58AM」は、α55のボディサイズから考えると、明らかにミスマッチ。特に縦位置で持った時、非常にバランスが悪くなる。しかし、調光精度は文句無し。流石ハイエンドだけのことはある。下ブロックの背景が白いので少しプラス補正し撮影したが、実に安定していた。αユーザーにはお勧めだ。

 レイナちゃん、ブログによると1月14日〜1月16日は、幕張メッセで行なわれる東京オートサロンにいるようだ。彼女に会いたい人は是非、遊びに行って欲しい。ちなみに筆者も初日は取材で終日会場。過去に撮った子も結構参加しているので、今から楽しみにしている。(続く)

actress 渕脇レイナ@スタイルコーポレーション
photographer 西川和久
α55
28-75mm F2.8 SAM



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2011/1/14/ 00:00