【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
 
11月号【吉木りさ + キヤノンEOS 60D】1週目
〜EOS初のバリアングル液晶モニター!


 11月号は、キヤノンEOS 60Dと、吉木りさちゃんの登場だ。撮影日は10月号同様、朝は曇天ながらも徐々に回復に向かう傾向。これで2008年6月号以降、一日中雨の日には当たらず連勝中。考えてみればほかの撮影でも、もう随分雨にはご無沙汰だ。ただ一日中白ホリのスタジオで撮影なのに、外はピーカンの時は、何故か悔しかったりする(笑)。

 EOS 60Dの主な仕様は、有効画素数約1,800万画素、サイズ22.3×14.9mmのCMOSセンサー搭載、最大記録画素数は5,184×3,456ピクセル、バッテリーパック「LP-E6」、メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード、3型約104万ドットのバリアングル式液晶モニターなどを備える。EOS初のバリアングル機能を搭載した注目機種だ。

 今回使用したレンズは、「EF-S 17-55mm F2.8 IS USM」、「EF 35mm F2」、「EF 50mm F1.4」の3本。単焦点2本は昔から筆者の好きなレンズ。また今回のズームレンズは初めて使用した。画角が約1.6倍の27-88mmになるので、ポートレートなどにちょうどいい。

 掲載サイズの関係からM-RAW(3,888×2,592ピクセル)+JPEGで撮影し、Digital Photo Professionalで現像、2,544×1,696ピクセルへ出力時に縮小した。カメラ及びDigital Photo Professionalの設定は全て標準。現像時に露出、色温度の微調整、コントラストのみを触って、シャープネスやピクチャースタイルなどは変えていない。ただし、オートライティングオプティマイザは、カットに応じて弱めか標準でON、もしくはOFFにしている。

 一週目、上ブロック右上はISO100、それ以外はISO400。絞りはF3.2-4、シャッタースピードは1/160秒。ズームレンズを使用しているものの、その多くは35mm前後となっている。下ブロックは全てISO400。絞りF2.8-3.5、シャッタースピードは1/200秒。レンズは35mmを使った。上ブロック下ブロックともに結構暗いことがわかる。

 下ブロックの部屋は、つい最近まで窓の向こうは、木が覆い茂り天気のいい日でも光が入らなかったのだが、手入れしたらしく、バッサリ切られ陽が入るようになっていたため、久々に使ってみた。

 吉木りさちゃんは、今年2月号の時にペンタックスK-xで撮ってから2回目の登場。当時はまだグラビアを始めたばかりだったが、最近は数多くの週刊誌にグラビアが載って人気急上昇中だ。さすがに撮られ慣れたのかポーズがバシバシ決まり、現場はサクサク進行した。(続く)

actress 吉木りさ@fitone
photographer 西川和久
EOS 60D
EF 35mm F2
EF-S 17-55mm F2.8 IS USM



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2010/11/5/ 00:00