【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

【新製品レビュー】キヤノンPowerShot SX230 HS

〜GPSロガー機能を搭載した高倍率ズーム機
Reported by 本誌:折本幸治

 今春は、GPS機能を搭載したコンパクトデジタルカメラが目白押しだが、そのうちキヤノンのPowerShot SX230 HSは、同社初のGPS機能搭載モデルとなる。

 撮像素子は有効約1,210万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー。レンズは光学14倍ズーム。液晶モニターは3型46.1万ドット。発売は3月3日。実勢価格は4万円前後。カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、レッド。


光学14倍ズームレンズと裏面照射CMOSセンサーを採用

 PowerShotシリーズにおける位置付けは、前モデル「PowerShot SX210 IS」から変わらない。すっきりとしたスタイリングのスリム系ボディに高倍率ズームレンズを搭載、旅行やファミリーユースを意識した製品だ。「アーチフォルム」とキヤノンが呼ぶ独特なスタイリングもほぼ前モデルから変わらない。背面もアルミ製で高級感がある。

 レンズも前モデルと同じスペックを引き継いでいる。焦点距離28-392mm相当(35mm判換算)の光学14倍ズーム。開放F値はF3.1-5.9。ライバルに比べて飛び抜けたスペックというわけではないものの、実際使うとポケットに収まるボディながら、400mmに近い超望遠撮影ができることに感心する。手ブレ補正機構の効果も高い。

 また、新たにズームレバーがシャッターボタンと同軸のリング式レバーになっている。それほど目新しい方式ではないが、前モデルはボディ上面に設けられたズームレバー操作で、ズーム操作を行なっていた。操作性は明らかに新モデルの方が良い。

 さらに、ズームレバーを倒す角度により、ズーム速度を低速と高速の2段階に分けて操作できる。ズームレバーを少しだけ動かせば低速、大きく動かせば高速になる。低速は動画中のズームを意識したものだろう。動画に適した遅いズーム速度になる上、動作音も小さくなる。

望遠端までズームさせた状態 ズームレバーがシャッターボタンと同軸のリング上になった
背面。前モデル同様、モードダイヤルの存在感が大きい 電源に連動して自動昇降するストロボも、前モデルからの特徴だ

 撮像素子は前モデルの1/2.3型有効約1,440万画素CCDから、有効約1,210万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーになった。高感度センサーと画像処理エンジンDIGICによる組み合わせをキヤノンでは「HS SYSTEM」と名付けてアピールしているが、その効果は確かに感じられる。高感度時のノイズが少ないとともに、ダイナミックレンジの広さも特徴となっている。

 背面右手側にはモードダイヤルと、おなじみのコントローラーホイールを上下に配置。モードダイヤルの上に右手親指を置いてカメラを保持するタイプだ。モードダイヤルの動きは節度あるもので、勝手に動くようなことはなかった。

 撮影モードにはP、Tv、Av、Mもある。絞りは1/3段刻みで設定可能。スポット測光や中央部重点平均測光も備えている。比較的高度な撮影機能を与えられているが、RAW記録機能はない。

 液晶モニターはアスペクト比16:9の3型46.1万ドット。日中屋外での視認性は良い。記録メディアは最新モデルだけにSDXCメモリーカードに対応する。

 動画が強化されたのもトピック。前モデルはIXY、PowerShotとも端境期にあったことから、動画の記録解像度は1,280×720ピクセルが最大だった。今回からは、晴れて1,920×1,080ピクセルのフルHD記録が可能。圧縮方式は従来と同じくH.264だ。

 動画中のズームが可能だし、動画中のAFもスムーズ。ウィンドカット機能も利用できるなど、動画については比較的高いスペックを誇る。ただし、フルHD記録時のフレームレートが、最大24fpsとなる点だけが気にかかる。

右手側上部にHDMI端子とUSB/AV兼用端子を装備 記録メディアはSDXCメモリーカードなどに対応。内蔵メモリーはやっぱり非搭載
バッテリーは前モデルと同じくNB-5L

 特筆すべき新機能としては、被写体を自動で検知して、ピントと露出を合わせ続ける「主役フォーカス」だろう。これまでも人物の顔などの検出は可能だったが、人物以外でも主要被写体であるとカメラが判断すれば、追尾がはじまる。さすがにこちらが考えるあらゆる被写体を即座に検出してくれるわけではないものの、動いている電車などを画面中央に入れることで見事に発動。そのまま追尾を行なうのは感動だ。検出しないことも多いが、その代わりほとんど誤検出しない点は評価できる。同時発表のIXYシリーズでも利用可能だ。

 そのほか、「ムービーダイジェスト」も今春からのキヤノン製品共通の新機能。静止画を撮影すると、その撮影の前後4秒間を動画で記録しておく機能だ。その日1日に撮影した4秒の動画は、カメラ内で1つの動画ファイルになる。詳しくは以前掲載した新製品レビュー「キヤノンIXY 31S」でも解説している。

 撮影モードをムービーダイジェストモードにしておかないとならないのが難点だが(ほかの撮影モードではムービダイジェスト用の動画が記録されない)、ムービーダイジェストモードは自動シーン認識の「こだわりオート」をメインとした、一種のオート撮影モード。よほど凝った撮影を考えない限り対応できるだろう。


GPSロガー機能はバッテリー残量に注意

 目玉のGPS機能は、設定メニューの「GPS設定」からオンにする。その状態のまま撮影画面でDISP.ボタンを押すと、GPS衛星からの信号の受信状態がわかる。

 受信状態を示す表示はシンプルで、衛星の形をしたアイコンが点滅しているときは、GPS衛星を探している状態、アイコンが点灯になると受信状態といった具合だ。受信不能時にもアイコンで知らせてくれる。捕捉中の衛星数や受信感度を示すような凝った機能はない。

 GPS衛星の信号を受信している状態で撮影すると、画像に緯度・経度・標高の各情報が記録される。測位完了までの時間は、2〜4分といったところ。ただし、一度測位した後、位置情報がカメラに残っている場合からの起動(いわゆるホットスタート)だと、長くて1分程度で完了する。アシストデータの類いは用意されていない。当然、屋内や地下での測位は基本的に不可能。測位間隔は1分程度のようだ。

GPS衛星の信号を受信している状態。左上の小さなアイコンで受信状態を確認できる

 以上が本機の基本的なGPS機能だが、あわせてロガー機能も利用できる。撮影していない状態でも一定間隔で測位し、移動軌跡として記録する機能だ。受信した情報はメモリーカード内のGPSフォルダ内に.LOGファイルとして記録されている。それをもとに付属ソフト「Map Utilty」上で軌跡を表示することが可能。付属ソフト以外でも、撮影位置情報に対応したソフトに.LOGファイルを読み込ませることが可能だ。キヤノンのサポート外になるが、筆者の環境では、Aperture 3での表示を確認できた。

 移動軌跡のログを取り出せるとなると、一般的なGPSロガー端末と同様のことが行なえる。すなわち、本機と一緒に持っていったGPS機能を持たないデジタルカメラの画像に対し、位置情報をつけることが可能になるのだ。例えばデジタル一眼レフカメラのサブ機として本機を持参すれば、(本機で撮影していなくても)帰宅してからメイン機の画像に位置情報を付与できる。また、ロガー機能をオンにしておくことで、測位が続いている限り、常時ホットスタートになる利点もある。

記録メディア内のGPSフォルダに記録されていた.LOGファイル Aperture 3に読み込むと、軌跡が表示された

 反面、ロガー機能にはデメリットもある。電源オフ時でも測位を繰り返しており、撮影していない状態でも電池が消費されている。そのため、いざ撮影する段になって電池切れという状態になりかねない。具体的には撮影せず部屋に放置したとしても、一晩で電池がなくなっている。こまめにロガー機能をオフにする、あるいは電池を取り出すなどの工夫が必要だろう。そもそも本機は撮影可能枚数が約210枚と少なめなこともあり、長期の旅行などでは、運用面でそれなりに気を使うかもしれない。


まとめ

 画質はこの種の製品の中でトップクラス。もちろん拡大して仔細に見れば不自然な点は多々あるが、個人的には十分受けいれられるレベル。むしろ小サイズセンサーと高倍率ズームレンズの組み合わせから考えて、ここまでまとめあげられている点に驚かされた。広角端での四隅のボケや乱れもごくわずか。高感度ノイズの少なさも特徴で、本機に限らず、最近のキヤノンが標榜する「HS SYSTEM」への信頼感は高いものとなっている。

 欠点としては前述のバッテリーの持ちぐらいで、そのほか目立って気になるものはない。右手側が狭苦しい、表面がすべりがち、シャッターボタンが右に寄り過ぎ、ブラック以外にシックなカラーがないなど、個人的にささいな不満はあるものの、スリム系高倍率ズーム機としての完成度は高いと感じる。その上でGPS機能を搭載。旅行向けデジタルカメラとして、さらに磨きがかかった印象だ。


実写サンプル

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。

・画角

広角端 / PowerShot SX230 HS / 2.5MB / 4,000×3,000 / 1/1,000秒 / F4 / 0.0EV / ISO125 / WB:オート / 5mm 望遠端 / PowerShot SX230 HS / 2.9MB / 4,000×3,000 / 1/500秒 / F5.9 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 70mm

・歪曲収差
広角端 / PowerShot SX230 HS / 3.5MB / 4,000×3,000 / 1/320秒 / F4 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 5mm 望遠端 / PowerShot SX230 HS / 4.2MB / 4,000×3,000 / 1/125秒 / F5.9 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 70mm

・感度
ISO100 / PowerShot SX230 HS / 2.0MB / 4,000×3,000 / 1/80秒 / F5 / 0.0EV / WB:オート / 21.1mm ISO200 / PowerShot SX230 HS / 2.4MB / 4,000×3,000 / 1/160秒 / F5 / 0.0EV / WB:オート / 21.1mm
ISO400 / PowerShot SX230 HS / 2.4MB / 4,000×3,000 / 1/320秒 / F5 / 0.0EV / WB:オート / 21.1mm ISO800 / PowerShot SX230 HS / 2.6MB / 4,000×3,000 / 1/640秒 / F5 / 0.0EV / WB:オート / 21.1mm
ISO1600 / PowerShot SX230 HS / 2.9MB / 4,000×3,000 / 1/1,250秒 / F5 / 0.0EV / WB:オート / 21.1mm ISO3200 / PowerShot SX230 HS / 3.3MB / 4,000×3,000 / 1/2,000秒 / F5.6 / 0.0EV / WB:オート / 21.1mm

・ボケ
PowerShot SX230 HS / 2.5MB / 4,000×3,000 / 1/320秒 / F5.9 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 70mm

・マクロ
PowerShot SX230 HS / 1.9MB / 4,000×3,000 / 1/400秒 / F4 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 5mm

・クリエイティブフィルターモード(一部)
クリエイティブフィルターモード:トイカメラ / PowerShot SX230 HS / 2.9MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.1 / 0.0EV / ISO250 / WB:オート / 5mm クリエイティブフィルターモード:モノクロ / PowerShot SX230 HS / 2.6MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.1 / 0.0EV / ISO250 / WB:オート / 5mm
クリエイティブフィルターモード:極彩色 / PowerShot SX230 HS / 3.8MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.1 / 0.0EV / ISO250 / WB:オート / 5mm クリエイティブフィルターモード:オールドポスター / PowerShot SX230 HS / 3.2MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.1 / 0.0EV / ISO250 / WB:オート / 5mm
クリエイティブフィルターモード:ジオラマ / PowerShot SX230 HS / 1.8MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.1 / 0.0EV / ISO250 / WB:オート / 5mm

通常撮影 / PowerShot SX230 HS / 2.3MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.5 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 6.1mm クリエイティブフィルターモード:魚眼風(小) / PowerShot SX230 HS / 1.9MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.5 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 6.1mm
クリエイティブフィルターモード:魚眼風(中) / PowerShot SX230 HS / 1.9MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.5 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 6.1mm クリエイティブフィルターモード:魚眼風(大) / PowerShot SX230 HS / 2.0MB / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F3.5 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 6.1mm

・動画
  • 動画作例のサムネイルをクリックすると、未編集の撮影動画をダウンロードします。再生についてのお問い合わせは受けかねます。ご了承ください。
PowerShot SX230 HS / 66.3MB / H.264 / 1,920×1,080 / 24fps





本誌:折本幸治

2011/5/10 00:00