交換レンズ実写ギャラリー

オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

E-M5 / 1/400秒 / F8 / +1EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 20mm

 オリンパスのマイクロフォーサーズカメラ用交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」は、35mm判換算で24-100mm相当の焦点距離をカバーする標準ズームレンズだ。広角から中望遠相当までこのレンズ1本で賄えるので、日常的な撮影から風景、スナップ、人物撮影とオールマイティに使用できる便利なレンズだ。

OLYMPUS OM-D E-M5との組み合わせ。発売は2012年1月。実勢価格は3万5,800円前後。

 開放絞り値が広角端でF3.5、望遠端でF6.3と若干暗めともいえるが、それによりレンズの最大径が57mm(フィルター系は52mm)に抑えられておりコンパクトなサイズに仕上がっている。OM-D E-M5やOLYMPUS PEN E-P5に装着した際にも、カメラサイズと非常にマッチしており、これらと組み合わせても大きすぎず小さすぎないという絶妙なサイズとなっている。

 本レンズは、オリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズとしては初めての電動ズーム機構を採用したレンズだ。カメラの電源をONにして、ズームリングを右手側にまわすと広角に、左手側にまわすと望遠方向にズームする。いずれもリングを大きく回す必要はなく、カメラを構えた状態のまま、リングを指でつまんで“ねじる”程度でズーミングが為される。ズーミングの速度はリングをまわす角度によって、ゆっくりから早くまで3段階の速度調整が可能だ。

 またハイスピードイメージャーAFに対応した「MSC機構」と呼ばれるリニアモーター駆動を採用しており、AF速度の向上と静粛性を同時に実現している。これらはマイクロフォーサーズカメラによる動画撮影時の滑らかなズーミングおよび静かなAF駆動を実現する為に採用されたものだ。なお、ズーミングおよびフォーカスは手動による操作も可能だ。とくに手動によるズーム操作は電動と異なり一般的なズームレンズと同様クイックな操作が可能。好みにもよるが手動ズームの方が瞬時にズームできるので、通常の使用時では手動操作の方が馴染みやすい。

 このレンズには、最短撮影距離を通常の0.35mから0.2mへと切り替えることができるマクロモードも搭載されている。マクロモードへ切り替えるにはレンズ鏡筒に備えられた「MACRO」ボタンを押した状態でズームリングをレンズ先端側にスライドさせる。この際、焦点距離は43mmに固定される。最大撮影倍率は0.36倍(35mm判換算0.72倍)となるので、かなり大胆に被写体へ近づいてのクローズアップ撮影が可能だ。そのうえマクロモード時の画質も十分に良いので実用性は高い。

 このレンズの特性として忘れてはいけないのが、防塵防滴構造が採用されていることだ。同じく防塵防滴構造となっているE-M5と組み合わせることで、多少の水しぶきや雨粒程度であればまったく問題なく撮影できる。これによって撮影フィールドを選ぶこと無く積極的にアウトドア撮影に投入することができるわけだ。今後、防塵防滴構造を採用するマイクロフォーサーズカメラボディが拡充されていった際には、より存在感を増す可能性のあるレンズだと言えるだろう。

(モデル:夏弥、衣装協力:チャイハネ

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
  • 縦位置で撮影した写真のみ、無劣化での回転処理を施しています。
E-M5 / 1/1,000秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 24mm
E-M5 / 1/640秒 / F9 / +0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 19mm
E-P3 / 1/1,000秒 / F5 / +0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 12mm
E-P3 / 1/320秒 / F8 / +0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 12mm
E-M5 / 1/200秒 / F6.3 / +1.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 21mm
E-M5 / 1/200秒 / F8 / +0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 12mm
E-M5 / 1/80秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 50mm
E-M5 / 1/160秒 / F6.3 / +0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 48mm
E-M5 / 1/200秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 50mm
E-M5 / 1/400秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 21mm
E-M5 / 1/125秒 / F8 / +0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 40mm
E-M5 / 1/160秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 12mm
E-M5 / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 27mm
E-M5 / 1/640秒 / F8 / +1EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 22mm
E-P5 / 1/80秒 / F7 / +1.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 16mm

礒村浩一

(いそむらこういち)1967年福岡県生まれ。東京写真専門学校卒。広告プロダクションを経たのちに独立。人物から商品、建築、舞台など幅広く撮影。近年は自然と人の営みをテーマに作品展/セミナー/ワークショップを各地にて開催。Webサイトはisopy.jp Twitter ID:k_isopy