交換レンズ実写ギャラリー

パナソニックLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.

DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約7MB / 4,608×3,456 / 1/320秒 / F9 / -0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 46mm

 35mm判換算で焦点距離28-280mm相当の高倍率ズームレンズである。パナソニックには同じマイクロフォーサーズ用高倍率ズームとして、「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.」が以前より存在するが、本レンズはスペックなどから実質その後継モデルといってよいだろう。

LUMIX DMC-GH3との組み合わせ。発売は5月30日。実勢価格は7万5,800円前後。

 前述の従来モデルLUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.は随所に金属パーツを用いたレンズであるが、重量約460gとマイクロフォーサーズ用としては重過ぎるきらいがあった。その点、本レンズはこれまでどおり金属外装、金属マウントを採用してはいるものの、徹底した軽量化を図った結果約265gを実現した。作例撮影で使用した「LUMIX DMC-GH3」でもその恩恵を十分受けられるものではあるが、さらにコンパクトで軽い「LUMIX DMC-G6」や「LUMIX DMC-GF6」などでは一層実感するはずだ。

 軽量化された鏡筒だが、操作性の低下はない。ズームリングは至って滑らか、かつトルク感も十分だ。軽量なレンズにありがちなプラスチック部品が擦れ合うようなザラザラとした安っぽい感じなどない。あまり出番はないだろうが、フォーカスリングについても同様だ。鏡筒の質感はこれまでどおりといってよく、LUMIX Gレンズシリーズを代表する仕上がりのよさである。なお、カラーはシルバーとブラックの2色から選ぶことができる。

 目新しいところとしては、AF駆動に高速のステッピングモーターを採用していることだろう。このところ他社も含めステッピングモーターを採用するレンズが増えつつあるが、同社もその流れに倣ったものといえる。カメラの性能に依るところもあるが、ズーム全域でフォーカシングは素早く、デフォーカスからのAFでもイライラするようなことなどはない。静寂性も含めAFは文句ないものといえる。

 非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚を用いた12群14枚の描写は、高倍率ズームとしては鮮鋭度が高く、ヌケも良好。諸収差の出やすいワイド端画面周辺部の描写も色のにじみ、画像の流れといった現象も見当たらない。ディストーションの補正も不足を感じさせないもので、水平、垂直線が画面の端にあっても気になることはないはずだ。高倍率ズームというと古くは描写特性が犠牲になることが多かったが、そのようなことなど微塵も感じさせないレンズである。

 開放値はワイド端、テレ端とも先代よりわずかに明るく、その上メーカー希望小売価格も安くなっている。描写に関しては先代と仔細に比較したわけではないので優劣は付け難いが、それ以外のコストパフォーマンスに関しては向上したといえるだろう。これから同社のマイクロフォーサーズ機の購入を考えているユーザーだけでなく、他社も含めすでに同システムのユーザーであるカメラ愛好家にも注目して欲しいレンズである。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
  • 縦位置で撮影した写真のみ、無劣化での回転処理を施しています。
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約6.7MB / 4,608×3,456 / 1/250秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 14mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約4MB / 3,456×4,608 / 1/1,300秒 / F5.4 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 84mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約5.8MB / 3,456×4,608 / 1/2,000秒 / F5.2 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 14mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約7MB / 3,456×4,608 / 1/250秒 / F8 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 34mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約5.9MB / 3,456×4,608 / 1/1,600秒 / F3.5 / -0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 14mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約4.8MB / 4,608×3,456 / 1/400秒 / F4.3 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:曇り / 28mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約6.9MB / 4,608×3,456 / 1/1,000秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 28mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約7.2MB / 3,456×4,608 / 1/125秒 / F8 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:曇り / 61mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約7.2MB / 4,608×3,456 / 1/1,600秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 14mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約5.4MB / 3,456×4,608 / 1/125秒 / F5 / -0.3EV / ISO250 / 絞り優先AE / WB:オート / 55mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約7.1MB / 4,608×3,456 / 1/500秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 40mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約5.4MB / 4,608×3,456 / 1/400秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 61mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約4.1MB / 4,608×3,456 / 1/320秒 / F5.6 / +1.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 140mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約5MB / 4,608×3,456 / 1/320秒 / F8 / +1EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:オート / 140mm
DMC-GH3 / LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / 約4.8MB / 4,608×3,456 / 1/320秒 / F5.6 / +0.3EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:オート / 140mm

大浦タケシ

(おおうら・たけし)1965年宮崎県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、二輪雑誌編集部、デザイン企画会社を経てフリーに。コマーシャル撮影の現場でデジタルカメラに接した経験を活かし主に写真雑誌等の記事を執筆する。プライベートでは写真を見ることも好きでギャラリー巡りは大切な日課となっている。カメラグランプリ選考委員。