フォトアプリガイド

レトロカメラ(iOS)

よく使う機能を手堅く網羅。自作テンプレートで効率アップ!

今回紹介する「レトロカメラ」は、エフェクトと各種SNSへのアップロードに対応した画像編集アプリだ。紹介するのは有料版だが、高解像度に対応していない無料版の「レトロカメラ FREE」も配信されている。

価格は200円。試用バージョンは2.0.8。

これが「レトロカメラ」を起動した状態だ。

画像が選択されていない状態では、利用できる機能は2つしかない。

まずは「設定・その他」アイコンをタップして、設定を確認しよう。特に良く見てほしいのはこの「写真サイズ」だ。

有料版である「レトロカメラ」では、編集解像度が高解像度に対応している。

設定できる写真サイズは、320×428〜2,400×3,210の8段階。

写真サイズが設定し終わったら、いよいよ画像を読み込もう。

 画像を読み込むと、編集画面へと切り替わる。グレーアウトしていたツールアイコンが利用可能状態になるのがわかる。

なお、編集中の画像は少々“粗い”。iPhone 5、iPhone 5sの両方で試したが、両方とも同じ現象が起きている(どちらもiOS7.1)。最終的にはきれいな画像で保存できる。

画像を選び終わったら、次はテンプレートを選ぶ。

60種類以上のテンプレートが用意されている。

なお、粗い画像にエフェクトが付加されるため、確認という意味ではちょっとややこしい。

テンプレートを適用したら画像を保存する。カメラロールに保存する「アルバムへ保存」や、SNSへアップロードしたい場合は「共有サービスへ保存」などが選べる。

以上が、このアプリの基本的な使い方だ。

テンプレートをベースにするのではなく、自分で細かく調整したいユーザーは、このアイコンをタップしよう。

この中でも「フィルムシミュレーション」は、168種類ものエフェクトをプリセットしているということもあり、選ぶのが大変なほどだ。

お気に入り機能があるので、気に入ったエフェクトはお気に入り登録(☆をタップ)しておくとよいだろう。

なお「フィルムメーカ」には、「FUJIFILM」や「Kodak」、「Polaroid」といったフィルムメーカーのフィルム特性をシミュレートしたエフェクトが収録されている。

ただし、FUJIFILMは「FP-100C」のみ、Kodakは「E100S」「PORTRA 400 VC 120mm」「Royal Gold 400」の3種といったように、数は多くない。

プリセット数が多いのは「ビンテージ」だ。

選んだエフェクトの調整も、ここをタップすることで可能だ。「透明度」と「周辺光量マスク」の調整が行なえる。

「周辺光量マスク」では、「薄い-濃い」「ぼんやり-くっきり」という2つの要素をスライドによって調整できるほか、効果を反転させるといったことも可能。

それぞれ調整し終わったら、「OK」をタップして確定しよう。

完了した編集は、テンプレートに保存することもできる。これも本アプリのポイントだ。

「写真調整」では、編集アプリの基本編集機能である「明るさ・コントラスト」「カラー」「色相・彩度・明度」「ボケ」といった機能が利用できる。タップして編集機能を利用してみよう。

機能的には申し分なく、エフェクトメインで画像編集アプリを探している人なら、ぜひとも使ってみてほしいアプリだ。

ただし一点、表示画像が粗い点だけは気になる。保存した画像は、オリジナル画像と比べても必要以上に粗くなることはないのだが……興味がある方は、無料のアプリを試すのもよいだろう。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。