フォトアプリガイド

Insta Square Maker(Android)

良くできたInstagramのアシストアプリ

今回紹介する「Insta Square Maker」は、「Instagram」の利用を補助する1:1の正方形加工アプリだ。端末にInstagramがインストールしてあれば、本アプリからシームレスに写真をInstagramに渡せる。

価格は無料。試用バージョンは1.6.4 。

「Insta Square Maker」の起動画面。まずは「Gallery」をタップして画像を選択しよう。

なお、「Settings」では編集画像の解像度を「Normal」と「High」の2つから選べるが、「High」が初期設定なので変更する必要はないだろう。

画像を選択すると編集画面へと切り替わる。

画面上部には本アプリの主要機能が並び、下部には「保存」「共有」「Instagram」アイコンが配置されている。

画面左上の「位置」アイコンをタップすると、画像の表示位置が変更される。アイコンの下に“緑色の丸”が表示されており、その位置が配置箇所と連動しているのだ。

なお、タッチ操作でも位置の調整は可能。基本的には、手動での調整が上手くいかない時に、仕切り直しのために利用するのがよいだろう。

その右隣には「縮小」アイコンが配置されている。タップすると5段階で縮小できるが、こちらもピンチ操作に対応しており、基本的には「位置」と同様に仕切り直しに使うのがよさそうだ。

画面右上の「塗りつぶし」アイコンは、写真以外の余白の色を指定する機能だ。

カラーパレットで色を指定するかチャートから色を選ぼう。

余白を塗りつぶした状態がこれ。

画像イメージに合わせて色をつけるのもよし、際立たせる配色をしてもよしだ。

「トリミング」アイコンをタップすると、「Free」「1:1」「3:2」「4:3」「16:9」の5種から比率が選択できる。

「1:1」にすると表示上は空白部がなくなるが、ピンチ操作などで空白を作れば、「塗りつぶし」機能で色がつけられる。その際、タッチ操作が苦手で均等に空白を作れない場合は、「縮小」アイコンを利用するとよいだろう。

すべての作業が終わったら、画面右下の「Instagram」アイコンをタップしよう。Instagramが起動し、トリミング画面が表示される。

シームレスに画面(アプリ)が移行するため、機能のひとつとしてInstagramが利用できるイメージ。トリミング位置の指定画面が表示されるので、そのまま加工を続けよう。

ちなみに「塗りつぶし」機能を使って着色した余白も、Instagramに反映される。エフェクトもかかってします。従って、エフェクトを使用する場合は、エフェクトを考慮した配色にしたい。

今回は「Instagram」を導入した端末でアプリを試したため、編集画面下部にInstagramアイコンが表示されているが、未導入の場合はアイコンが表示されない。

その場合でも、Instagramへの画面移行ができないだけで、各種編集機能、「保存」や「共有」(メール添付や他のアプリでの利用)は使用できる。

とはいえ、やっぱり本アプリはInstagramユーザー向けの補助ツールとして利用するのがよいだろう。広告表示はあるものの、無料で利用でき、Instagramへの切り替えを感じさせないシームレスな使い勝手は好印象だ。ぜひ、検討してみてほしい。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。