フォトアプリガイド

Photo Grid かんたんコラージュ(Android)

安定した人気のフォトコラージュアプリ

今回紹介する「Photo Grid かんたんコラージュ」は、複数の画像を1枚にまとめるアプリだ。この手のジャンルのアプリとしてはユーザーも多く、使ってみると「なるほど」と感心させられる部分も多い。それでは早速「Photo Grid かんたんコラージュ」の中身を見ていこう。

価格は無料。利用バージョンは4.633。

起動すると、機能選択画面が表示される。

ここで注目したいのが「グリッド HD」と「シングル HD」の2つ。本アプリでは主にこの2つの機能を使うことになる。

「グリッド HD」そして、「シングル HD」の両方とも、起動画面でタップするとすぐに画像選択画面が表示される。

「グリッド HD」の場合は複数枚、「シングル HD」の場合は1枚の画像を選択することになる。今回は「グリッド HD」を選んだので、例として4枚の写真を選んだ。

写真を選択すると、自動で合成写真が作られる。このままの状態で満足したなら、画面右上の保存アイコンをタップして保存しよう。

もうちょっと調整したいなら、画面下部のツールを使うことで変更・編集・調整が可能だ。

ちなみに画面左上の「グリッド」部をタップすると、“フォーム”が変更できる。

このままグリッドスタイルを利用してもよし、フリースタイル、テンプレートなどを利用してもよしだ。

テンプレートには、“壁掛けフォト”といったオーソドックスなものや、“クリスマス”といった季節を感じさせるものなど、一味変わったフォームが用意されている。

初期状態では比率が「1:1」になっているが、「3:4」「5:7」「2:3」といった縦横比の変更にも対応する。

「レイアウト」を利用すれば、グリッドレイアウトの任意選択が可能だが、実は編集画面で端末を“振って”もレイアウト変更が可能。この場合はランダムで変更される。

「背景」では、画像と画像の隙間・外枠の色が変更できる。ちなみにサムネイルをタップすると、タップしたサムネイルに合わせた色・柄の選択画面が表示される。「なし」をタップすると、背景が消え、「フレーム」をタップすると外枠のデザインが変更できる。

本アプリの面白いところは、「フィルタ」機能だ。レイアウトした写真のうち、1枚だけに効果を付加できる。選べる効果も「Film」や「Vintage」など、扱いやすいものが19種類も収録されている。

また、「調整する」を使って、コントラストや明るさなどの調整にも対応。表示されたスライダを動かすだけなので、調整自体は簡単だ。

「シングル HD」は単純に1枚の写真を加工する機能。調整や編集機能は一部を除き「グリッド HD」と同等だ。

「シングル HD」で注目すべきは、フォームとして選択された「Instagram」の存在。「グリッド HD」では選択できなかった「Instagram」(1:1)が初期設定されている。

テンプレートもシングル専用のものが41種類用意されている。クリスマスやハロウィンといった季節もののテンプレートも収録している。

なお、バージョンアップ時にテンプレートが追加された実績もあり、今後の追加にも期待したいところだ。

ちなみに、本アプリの起動時に「テンプレート HD」を選択すると、すぐにテンプレート素材にアクセスできる。テンプレートを起点に作品が作れるわけだ。

本アプリを使ってみて思ったのが、“かゆいところに手が届く”設計をしているなということ。例えば指定画像“のみ”のエフェクト付加だったり、レイアウトの変更手段(振ってランダム、指定にも対応)だったりと、ユーザーを選ばない使いやすさがある。フィルタの数も多く、テンプレートも充実しているので、長く使えるアプリだろう。

一方で、無料アプリだけに“広告表示”が気になるところ。レイアウトがキツキツではなく、誤タップしにくい場所にあるが、できれば有料版の広告無しバージョンが欲しいところだ。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。