ニュース

レキサーのXQDカード、本日未明から約半額に

突然の値下げ 32GBは8,500円前後

2月1日にマイクロンジャパンが国内市場に導入したXQDカードのうち、「Lexar Professional 2933x XQD 2.0カード」が突然、半額近くで販売される事態になっている。

もともとオープン価格の製品で、2月1日時点のおける各ECサイトの販売価格は128GBが5万円前後、64GBが2万8,000円前後、32GBが1万6,000円前後といったところ。この時点ですでに、既存製品よりも低価格なことが話題になっていた。

それが本日未明より、さらに半額近く値下げされた価格で販売されている。例えば、128GBが2万3,000円前後、64GBが1万4,000円前後、32GBが8,500円前後といった具合だ。

2933x XQD 2.0カードは、同時に発表されたXQDカード2モデルのうち、金色のラベルがあしらわれた上位版。最大読込速度440MB/秒を誇る。また、下位版の1400xも値下げしているECサイトが見られる。

XQDカードを巡る最新の事情としては、ニコンから採用モデルとしてデジタル一眼レフカメラ「D5」(XQD-Type)が3月26日に、「D500」が4月下旬に発売予定。これまでプロ向けの「D4S」「D4」のみが採用するマイナーな記録メディアだったが、ここにきてミドルクラスのD500が対応したことで、普及に向けての動向に注目が集まっている。