ニュース

キヤノン、「Connect Station CS100」を海外発表

1TBフォトストレージ Wi-Fi/NFCで自動取り込み

 キヤノンは、フォトストレージ「Canon Connect Station CS100」を米国で2015年6月に発売する。価格は299.99ドル。1月5日に米国で開幕するInternational CESのキヤノンブースに展示される。国内発売に関する情報はない。

 本体に1TBのHDDを内蔵し、15万枚の写真もしくは70時間のビデオを保存できるという製品。2010年のキヤノンエキスポで「クロスメディアステーション」として最初のコンセプトモデルを展示し、2014年のフォトキナで紹介された際はCS100に近い外観となっていた。

 Wi-Fi/NFC機能を備え、対応するカメラを近づけると自動で新しい写真やビデオを取り込み、HDMI接続したテレビで閲覧できる状態になるという。操作用のワイヤレスリモコンが付属する。

 有線LAN接続にも対応。スマートフォンやPCとの連携も想定している。無線LANのほか、SDカード/CFスロット(UHS-IやCFastは非対応)、USB端子からも撮影画像を取り込める。

 対応フォーマットは、JPEG、RAW、MP4、MOV、AVCHD。対応RAW形式はキヤノン機が採用するCR2のみ。CS100でのRAW現像はできないとしている。

 また、USB端子に外付けHDDを接続してCS100のバックアップ/復元を行なったり、対応プリンターでワイヤレスプリントもできる。SNSなどへの画像共有はCANON iMAGE GATEWAYを介して行なえるという。

 外形寸法は約155.6×51.1×155.6mm。重量は約570g(本体のみ)。