ニュース

タムロン、超広角ズーム「SP 15-30mm F2.8」を12月25日に発売

手ブレ補正搭載。望遠端でも有効なフードを採用

 タムロンは、大口径広角ズームレンズ「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」(Model A012)のキヤノン用とニコン用を12月25日に発売する。価格は税別14万円。ソニー用も順次発売する。

(写真はニコン用)

 フォトキナ2014で開発発表したレンズ。発売日と価格が決定した。

 35mmフルサイズ用で開放F2.8の大口径超広角レンズとして、世界で初めて手ブレ補正機構(VC)を搭載したモデル。

 レンズ構成は13群18枚。新たにXGM(eXpanded Glass Molded Aspherical=大口径ガラスモールド両面非球面)レンズを前群に配置したほか、複数枚のLD(LowDispersion=異常低分散)レンズを採用し、歪曲収差や倍率色収差などを抑制した。

 加えて新BBARコートを最良化し、光の反射を抑え色の再現性を向上させたという。さらに、eBANDコーティングも施すことでゴーストやフレアを抑えたとしている。

 前玉が大きくフィルターの装着ができないことから、防汚コートを同社で初めて採用した。撥水、撥油性に優れるという。

 フードは組み込み式。望遠側へのズームに伴ってレンズ前群が後退することで、望遠側でも効果的な遮光が期待できるとしている。また強度を高めるため二重フード構造とした。

 最短撮影距離は0.28m。最大撮影倍率は1:5。最大径は98.4mm。長さは145mm(キヤノン用)、142.5mm(ニコン用)。重量は1,100g。