ニュース

クラカメ風iPhoneケース「iCA」、iPhone 6対応版の発売目指す

Kickstarterで資金調達プロジェクトが開始

 アドプラスは、クラシックカメラ風iPhoneケース「GIZMON iCA」のiPhone 6対応モデルを発売すべく、米国クラウドファウンディングサイトKickstarterで資金調達を開始した。

 GIZMON iCAは、iPhone 4S/4の時代に登場。いわゆるバルナックライカへのオマージュを感じられるデザインが話題を呼び、iPhone 5s/5用も発売された。また、派生として国産一眼レフ風の「iCA5 SLR」なども登場している。

 Kickstarterのプロジェクトページによると、資金調達のゴールは4万ドル。本稿執筆時点では1,263ドルが集まっている。達成期限は11月15日。

 iPhone 6では本体サイズやボタン配置の変更があり、スリープボタンが(カメラと見立てた場合)底面に移動するほか、スリープスイッチをケース装着時にも操作できるような構造になるとしている。

 なお、より本体サイズの大きいiPhone 6 Plusに関する言及はまだない。