ニュース

キヤノン、PIXUS 2014秋冬モデルを発表

NFCによる「タッチでプリント」が実現。女性向けモデルも

キヤノンは、A4インクジェット複合機の新製品4モデルを9月上旬に発売する。今シーズンは女性向けモデルも投入。

MG7530
MG7530F(PIXUS Atelier)
MG6730
MG5630

価格はいずれもオープン。店頭予想価格(税別)は、MG7530およびMG7530Fが3万円前後、MG6730が2万5,000円前後、MG5630が2万円前後。

MG7530

グレーインクおよび顔料ブラックを含む、6色独立インクの最上位モデル。

ブラック、ホワイト、ブラウン、オレンジの4色を展開する。

MG7530(ブラウン)
MG7530(ホワイト)
MG7530(オレンジ)
MG7530(ブラック)

最小インク滴は1pl、最高解像度は9,600×2,400dpi。

液晶モニターは3.5型。

普通紙(A4、A5、B5、レター)に加え、はがきの自動両面印刷も可能。前面2段カセット、レーベルプリント機能なども備えている。

Wi-Fi機能も搭載。NFCに対応し、スマートフォンをプリンターにタッチするだけでプリントが始まる「PIXUSタッチ」が利用できる。同様に、スマートフォンをタッチして原稿台の原稿をスマートフォンに転送することも可能。

新たにタブレット向けプリントアプリ「Easy-PhotoPrint+」(EPP+)を用意。プリントだけでなく、写真の編集・加工も行なえる。

従来機種と同様、クラウド上の写真や文書などをプリンター本体からプリント可能な「PIXUSクラウドリンク」にも対応する。

外形寸法は約435×370×148mm。質量は約7.9kg。

MG7530F

A4複合機のPIXUSシリーズで初の女性向けモデル。本機を通じて、雑貨づくりなどへの活用をアピールする。

愛称は「PIXUS Atelier」(ピクサスアトリエ)。

MG7530F(PIXUS Atelier)

MG7530をベースに外装色と内部のカラーリングを変更、パッケージや説明書なども独自のデザインコンセプトで統一した。本体色の名称は「エクリュベージュ」。

主な仕様はMG7530と共通。カラーリングのほか、専用スマートフォンアプリ「PIXUS Atelier PRINT」が用意される。

加えてキヤノンでは、プリントレシピサイト「Atelier Gallery」の運営や、体験型スクールの実施などを展開するという。

MG6730

同じくグレーインク、顔料ブラックインクを含む6色インクを採用。

本体色はブラックとホワイト。

MG6730(ブラック)
MG6730(ホワイト)

MG7530/MG7530Fからは、NFCによるPIXUSタッチや、有線LAN機能などが省略されている。PIXUSタッチ以外のWi-Fi機能は搭載。

液晶ディスプレイは3型。

外形寸法は約466×369×148mm。質量は約8kg。

MG5630

5色インクのスタンダードモデル。

本体色はブラックとホワイト。

MG5630(ブラック)
MG5630(ホワイト)

最小インク滴は2pl、最高解像度は4,800×1,200dpi。

MG6730と同様、Wi-Fi機能は搭載するも、NFCによるPIXUSタッチは非搭載。

自動両面は普通紙のみではがきは不可。

液晶ディスプレイは2.5型。

外形寸法は約455×369×148mm。質量は約6.3kg。