ニュース

デジタル写真を露出量で分析できるPCソフト「EVGrapher」

 株式会社ビジョナリストは、デジタル写真露出分析ソフト「EVGrapher」(イーブイ・グラファー)を7月9日に発売した。価格は税別1万円。対応OSはWindows XP/Vista/7/8。15日間の試用が可能。

 画像のExif情報を参照し、絞り値を縦軸・シャッター速度を横軸としてグラフ上にプロットするソフト。様々な画像がEV値(露出の明るさ)に基づいて並ぶことで、露出量と撮影シーンの相関関係を分析できるとしている。ISO感度の増減も独自の計算式で対応しているという。

 同社では、アマチュアやプロの作品分析ツール、学校教育ツール、カメラメーカーの性能チェックといった用途を見込んでいる。