【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

【CP+】シグマ、「SD1 Merrill」「DP1 Merrill」「DP2 Merrill」などを展示


 CP+2012でシグマは、開幕前日に発表した「SD1 Merrill」「DP1 Merrill」「DP2 Merrill」を透明ケースの中で展示。来場者の熱い視線を集めていた。また、SD1や交換レンズのタッチ&トライカウンターを設けていた。

 上記の新製品については、記事末の関連記事を参照いただきたい。

シグマブース

 SD1 Merrillは、SD1の価格改定版という位置付けで早ければ3月に発売。価格は未定だが、20万円前後になると見られる。SD1の発売当初、約70万円で販売されたことを思うとその差額は大きく、それを踏まえて、シグマではSD1の購入者に差額を還元するプログラムを用意した。40万円分のポイントはシグマ製品にのみ適用可能。詳細は2月23日に発表される。

 Merrillセンサーのコストが下がった理由は明らかではないが、生産上の改良が効いており、大きな要因として、Foveon X3センサーの歩留まりが改善したことが挙げられそうだ。山木和人社長によるとセンサーの回路や特性は同じとのことで、カメラボディ側を含め、性能面での差はない。

SD1 Merrill
山木和人社長(9日のCP+オープニングパーティで) SD1による作品ギャラリー(右側)に加え、SIGMAフォトコンテストの入賞作品も展示

 同じくMerrillセンサーを搭載するDP1 Merrill、DP2 Merrillも注目を集めていた。こちらも価格、発売日とも未定。

 これまでのDP1シリーズやDP2シリーズと違い、レンズ周囲にフォーカスリングを搭載。よりレンズを右にシフトさせた見た目が新鮮だ。また、液晶モニターも3型と大きくなり、背面の印象も異なる。シャッターボタン周囲にはSDシリーズ(SD1を除く)のようなコマンドダイヤルが見える。ストラップ取り付け部の位置もイレギュラーだ。

DP1 Merrill、DP2 Merrill

 交換レンズでは、2012 International CESで発表したノンレフレックスカメラ(ミラーレスカメラ)用の製品を展示していた。そのうちSIGMA 30mm F2.8 EX DNのマイクロフォーサーズ用のみ、開幕前日に発売日を正式発表。2月24日に発売する。SIGMA 30mm F2.8 EX DNのEマウント用、SIGMA 19mm F2.8 EX DNのマイクロフォーサーズ用およびEマウント用はいずれも発売日未定となっている。

SIGMA 19mm F2.8 EX DN SIGMA 30mm F2.8 EX DN
マイクロフォーサーズ用とEマウント用を計4製品展示 こちらはSIGMA 19mm F2.8 EX DNをNEX-C3に装着した状態

 その他、発売前の「SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM」を展示。さらに、2011年2月発表後、発売日未定のままだった「APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM」も展示されていた。

SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM
APO 50-150mm F2.8 EX DC HSMをSD1に装着 国内・海外イベントのシグマブースでお約束、APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DGもやっぱりあった



(本誌:折本幸治)

2012/2/9 22:48